書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


政権交代可能な二大政党制は確立したか――民主党が大勝した2009年総選挙から2014年総選挙までの政治意識・投票行動データの緻密な分析を展開 井田正道
「若者の社会運動」という表現自体から疑うべき――運動自体を否定し続けようとするマジョリティの、政治嫌悪という名の政治性こそ問題だ 松井隆志
承認論の基本想定をさらに明瞭にする――批判的社会理論のさらなる展開の一里塚 辰巳伸知
昔話を現代に生かすために――民俗学者が精魂を込めて集めた昔話から何を読み取ることができるのか 川森博司
日本が核廃絶のリーダーシップをとるために――世界的視野で核問題を考え、理解するうえで欠かせない一書 勝田忠広
アドルノの隘路を突破する試み――『啓蒙の弁証法』の補遺以上の意味を持つ研究書 小松恵一
奥平憲法学を実践として継承する――理論と実践の到達点と現況を俯瞰し、表現の自由の根拠を問い直す 駒村圭吾
作家たちへの惜別、悼む文章を集めた秀逸な一巻――大阪・中津の路地裏の出版社の物語 三輪正道
作例から大胆に仮説をたてる手法はじつに鮮やか――フォンテーヌブロー派の本質をとらえている 伊藤已令
液状化した世界のなかで――本書が果敢にも挑戦しているのは、想像力、あるいは「共感」という行為が持っている本来的な貧しさだ 池田雄一
自己免疫的な神とは何か――デリダから導き出される新たな「生」の哲学 星野太
教育を国家統制する新自由主義への対抗軸を探求する――教育基本法研究の出発点となるべき重要な研究 岡田昭人
絵と言葉のみごとな融合――苦しみながらも前に進もうとする人間の姿 下田明子
フランスの修辞学、哲学教育の研究から、教養教育の問題に挑む――現代的な教育課題にも応えようとする意欲的な一冊 上垣豊
PTAを戦前から現代に継承された動員マシーンとみる――「奉仕と修養の国家プロジェクト」を明らかにしたPTA研究 天野かおり
増殖し続ける本との戦い――蔵書処分を通して、蔵書の意義を問いかける 荻原魚雷
高校保健・副教材は、捏造・改ざんありの妊娠・出産への圧力教材だ――なぜ日本はフランスのように少子化対策が成功しないのか 大野秀樹
「天地自然と人間は一体なのだ」という認識を汲み入れるべきだ――自然をめぐる時間意識へアプローチしながら、切開していく 皆川勤
街頭紙芝居の子ども大衆文化としての魅力と、人々の創意と工夫や熱い思いを炙りだす――今日のマンガ文化に与えた街頭紙芝居の影響は、見逃すことはできないほど大きい 野上暁
裁かれるという感覚――ニーバーの主著が翻訳されたことを喜びたい 福田隆雄








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約