書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


久々にニュータイプの戦後史に遭遇――都市拡大期のロジックを改装しただけのビジョンに、ポジティブな抵抗を試みる明快な主体性を持っている 椿昇
踊りとは何か、表現とは何か――最も親しいメンバーが語る、世界的舞踊家ピナ・バウシュ創作の秘密 志賀信夫
老人が投入された戦線と現在の老人の身体の内部を巧妙に〈二重化〉――語りの複雑さが作品世界に厚みを醸し出している 関谷一郎
巨大な次回作を予感させる――「震災後」、はっきりと見えるようになった社会と歴史のほころびを考え直そうとしている 管啓次郎
知られざる現代詩の巨人、ペーター・フーヘルの初めての評伝――愛情をもって詩人と作品に接近するが、情におぼれるところがない 関口裕昭
ユーラシアからアジアへと連なる観念の地勢図――ワノフスキーは亡命後、革命ロシアをどのように望見していたのか 久保隆
「地域アート」は批評の対象でありうるのか――「地域アート」をリレーショナル・アートから区別 鷲田めるろ
真の人間主義と大学――中上健次とフランツ・ファノン 渡邊英理
熟達の演出スタイルによるメタ民族誌、メタ生物誌――人類社会の来し方行く末の壮大な見取り図を示す 関根康正
宗教・娯楽・芸能の密接な関係――インドに関心の高い一般読者ばかりでなく、専門家の考察にも十分応えてくれる 井上貴子
敬愛してやまない師の六十二年にわたる句業を総覧――楸邨の人生上の葛藤や問題意識などを丁寧に解き明かす 照井翠
老人が投入された戦線と現在の老人の身体の内部を巧妙に〈二重化〉――語りの複雑さが作品世界に厚みを醸し出している 関谷一郎
無教会主義の日本的キリスト教の核心――内村鑑三とその弟子、南原繁、矢内原忠雄、大塚久雄という三人の社会科学者の政治思想を分析 高野清弘
充実した読書体験――フランスの近世美術史を網羅した通史的な論文集で、学術的でありながら読みやすい画期的な叢書 鈴木杜幾子
民族解放という近代的で世俗的な運動がなにゆえ持続せずに、宗教的原理主義の再興を招いたのか――この逆説の原因と採るべき方策について論じる 小城拓理
自尊心を守るケア労働の可能な条件を探る――いくつもの重要で根源的な課題を想起 井口高志
写真史的現在への介入的意欲――世界初の写真集と目される写真集の復刻 倉石信乃
出産場所/出産介助者研究に新地平を切り拓く――産屋をめぐる意味付けの多様性 由井秀樹
詩には〈ほんとうのこと〉がある――朝鮮半島と在日朝鮮人に関わって書かれた日本の詩、詩人について網羅的に論考した、ほとんど類例のない労作 黄英治
アメリカ論への新たな挑戦の書――21世紀の政治経済学の道標でもある 若森みどり








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約