書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


民衆的なポピュリズムと「新しいアナキズム」との交錯――現状認識の先に未来を浮かび上がらせようとする政治学 大井赤亥
日朝比較の壁にどう立ち向かい、乗り越えようとしたのか――「男女の愛情という普遍的なテーマを比較研究する」ことを高らかに宣言 染谷智幸
古文書を通して過去の言葉に触れるということ――図書館の社会的な役割や図書館員の果たすべき責務を読み取ることもできる 岡野裕行
「非信仰の伝道者」の「伝道」のありよう――吉本隆明にとって宗教的なものはいつもその思考の中心にありつづけた 瀬尾育生
『エセー』の魅力を、語りかけるような文体で説く――モンテーニュの思索がいかに普遍的か 山上浩嗣
映画とはなにか、を問う映画――サラスの物語は世界の物語だ ガストン・ドゥプラット、マリアノ・コーン共同監督『笑う故郷』 小野沢稔彦
人間の関係性に力点をおいて敷衍する語り――下総俳壇の交流を描き上げるべく資料的事実を辿っていく 大井恒行
閉鎖都市で起きた惨事の先駆的分析――まことにタイムリーな新版の邦訳 室生孝徳
言語論的転開以後のフィクション論をゲームで示す――博士論文をもとにしたゲーム研究の基本書、待望の邦訳 岡和田晃
「核兵器絶対否定」から「核絶対否定」へ 人類が核を否定するか、核が人類を否定するか――森瀧市郎の問いと足跡 三輪智博
新潟県の旧巻町と柏崎刈羽地域の事例分析からポストフクイチの社会構想を展望する――丁寧な聞き取りを重ね、住民の語りによって意思形成の背景を浮かび上がらせる 新庄孝幸
真実に近づく手段としての虚偽――余華の紡ぎだす不条理の世界 中裕史
野村詩学の全面的実践の書――永年書き続けてきた作品の集大成 山田兼士
辺境の山の民の悲しみ――ジョージア文学へのいざない 児島康宏
ノーランの映画世界の基礎にあるものとは――一貫して現代思想の観点から読解する 田辺秋守
自然主義の枠組みに「倫理の場所を与える」準実在論――メタ倫理学の今日的状況を知る必読文献 柏葉武秀
百年の時を生きた詩人――まど・みちおの詩と童謡の関係性を解きほぐしてゆく 中沢けい
「特殊」のなかに「普遍」を読み解く――日本で最も知られている歓楽街・歌舞伎町の商店街振興組合、不動産オーナー、風俗産業関係者、路上の「キャッチ」「客引き」らに対する社会調査の分析をまとめた新進気鋭の社会学者の書 山本薫子
長崎の「記憶と歴史」に関する学際的研究の可能性――研究発展の将来性を示す書 松尾晋一
函館大火は我々に何を問いかけているか――膨大かつ徹底的な史資料収集と生存者への丹念な聞き取りによる重厚な「都市災害誌」 麻生将








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約