書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


想像力と欲望を猛烈に駆り立てられる「料理本」――今までにない衝撃的な料理体験を味わうことができた 泉ゆたか
「マジック」を再検討し、近代的発想法と対峙させながら定位しなおす――学問と非学問、宗教と呪術等の「分断」を乗り越えようとする 土屋博
設えやギミックで物語を切ってはいけない――冷凍睡眠やタイムトラヴェルといった括りでは整理できない深み 浅見克彦
ある女子中学生の自殺が残したもの――韓国ヤングアダルト小説の現住所 渡辺直紀
弱者のため、愛する人たちのために、世界を取り戻すこと――輝かしい法螺とユーモアによる鎮魂歌 高頭麻子
アジア太平洋戦争で負傷した「傷痍軍人」を撮る――元皇軍兵士の姿から戦争を浮き彫りにしたフォト・ドキュメンタリー 新庄孝幸
日本の大陸政策・中国政策研究を踏まえ「対中借款」という独自の枠組みを設定――日英中における史料・先行研究の博捜に基づいた高い実証性 塚本英樹
先を見通せる元首と輔弼できない政治家・軍人たち――外相や外務官僚たちがなぜ戦争を決断していったのかを検証 若月秀和
宅地造成工事で起こった、ある不思議な出来事――三匹の猫の日常にも変化が起きていく 梶葉子
滅びつつ永遠に生きる者――原爆はけっして過去の物語ではない 寺村摩耶子
剣への思索、いかに生きるべきか――「武道」を題材にしなければ生まれなかった“自分さがし”の物語 末國善己
沖縄の戦争遺跡――〈記憶〉を未来につなげる 編集部
国家や社会の枠組みと対峙――淡々とした筆致のなかからも、苦闘の思いが滲み出ている 宗近藤生
どんなに暗くとも、光は、存在する――ここ100年前後の時代を、人物ごとに切り取り、世相と人間の動き、人物の思想が浮き彫りになる好著 森元斎
「花」の来歴について――福島第一原発の未曾有の原子力災害はこの国のなにを最も破壊したのか 添田馨
巨大な「漱石」をめぐる言説の塊とどう向きあうか――比較文学研究において、材源の洗いだしは重要ないとなみだ 菅原克也
若きトールキンが書き留めた草稿の集成――訳者の努力は妙趣ある韻文訳と簡明な語句解説に見事に発揮されている 伊藤盡
大家の訳や註と対決する姿勢――世界文学の古典として、『ニーベルンゲンの歌』は永く読み継がれるであろう 寺田龍男
タブッキとふたたび出会う、新しくも親しみある短編集――いきちがいは「世界のメタファー」、人生そのものだ 土肥秀行
真面目で敬虔で、世界や人生に苦しむモーツァルトの姿――モーツァルトがますます好きになった 上川修史








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約