書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


充実した読書体験――フランスの近世美術史を網羅した通史的な論文集で、学術的でありながら読みやすい画期的な叢書 鈴木杜幾子
人と時代が生き生きしていた――老熟者の書き記した渾身の作
出産場所/出産介助者研究に新地平を切り拓く――産屋をめぐる意味付けの多様性 由井秀樹
多彩な主題を多彩な手法で魅せる――各作品の終わりに付された注や巻末の詳しい解説が読者を手助けしてくれる 星久美子
奇想天外な物語の宝庫――デーブリーン文学の世界に足を踏み入れる格好の機会となるだろう 時田郁子
葛藤する時代の“絢爛と憂愁”――“セゾン文化”をつくった「実業と文学」の深層 太田代志朗
歴史的文脈から戦前・戦中の民族誌の読み直しを行う――これからの日本とアジアを考える上で、示唆を与える作品 大澤広嗣
「国境を越えた共有」は可能か――じつに多様な「移民とメディア」の往還が採り上げられていく 植田隆
未来の図書館像を提案――果たして日本の公共図書館にかくなる覚悟と矜持が存在するのだろうか 井上真琴
人間中心主義の限界を超える極めて野心的で挑戦的な著作――コンベンショナルな文化人類学の民族誌の水準を遥かに超える 床呂郁哉
シュルレアリスムは「名づけられないもの」――現在もまた、ダダは切実なテーマである 対談 巖谷國士×塚原史
多岐にわたる問いかけの著作――社会的に引かれた境界線と「落とし穴」 前田泰樹
仕覆の作者がそのなりわいの歴史的流れを追う――原初を探ろうとした著者の努力に敬意を払う 吉岡幸雄
連句の宇宙へ――個性もいいけれど 三浦衛
フィッツジェラルドの小宇宙を満喫するために――『グレート・ギャツビー』のような名文と、短編小説群との乖離を埋める試み 堀江耕
極めて「現在的」なトレルチの言及――宗教と国家の問題は依然、難渋な問題だ 黒川類
まさに十五年に亘る漱石の初恋をめぐるドキュメント――新たな仮説を立てようとする冒険心と飛躍 小澤純
教育上の責任とは何か。誰が、いかに果たしうるのか――組織内部の法的権限関係を素材に、教育委員会を探究 山下晃一
「日本会議」という巨大組織の中心を抉り出す――事務局に焦点を当てた見事な臨床政治学 中沢けい
日本近代にとって体操とは何だったのか?――体操の歴史を振り返りながら現在を考える手がかりを得る 松浪稔








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約