書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


テクストを取り巻くコンテクストとの関係性――コリンズ再評価の機運が高まっているのも頷ける 立石弘道
萩原朔太郎の実像に迫る――クロニクルに作品を論じていくところも、大きな効果であるだろう 高貝弘也
優れた人物から生き方を学ぶ――日々の生活から作品への取り組み方まで 都甲幸治
蔵王をのぞむ村の戦後を描く叙事詩――原村政樹監督『無音の叫び声』 名取弘文
テクノロジーの支配の只中で、芸術という営みがなげかける可能性を問う――近代を根底において支えている虚構の本質とは何か 小林信之
原発再稼働に邁進する現政権の異様さ――原発の構造的問題が浮き彫りにされ、あらためて疑義が増幅する 植田隆
詩と生、芸術と現実の一致を追求する――『イタリア的カテゴリー』とならんで貴重な書物 岡本源太
「戦争‐戦後」にとどまらぬ問題――不慮の末路は教条的ではない普遍的なメッセージを読者に伝える 佐藤宗子
マルクス・ガブリエルの実在論的多元論――「新実在論」から「中立的実在論」へ 加藤泰史
さまざまな形態のワヤンの物語世界――本格的な演劇研究でありながら、一般読者にもわかりやすい文体や表現で書かれている 梅田英春
被災地で演劇が果たす役割――災害芸術学の提言 九鬼葉子
老舗一九社のミニ社史が東京の過去・現在・未来を物語る――東京の街歩きの新しいガイドブック 大野秀樹
社会が生成する瞬間の音を聴く――執拗で独創的な一つの思考の軌跡 佐藤俊樹
「支配的動物」であるヒトが地球環境に与える負の影響――「やや悲観主義」の考え方を理解するために参考になる文明論の力作 福岡正人
自在で、柔らかく開かれたメッセージ――著者の視線はけっして〝上から〟のものではなく、あくまでも身の丈の言葉で語っているから、読む側に率直に伝わってくる 室沢毅
幾つものスケールを繋ぐ試みの構造と独特の敷衍力――イギリスの社会人類学者マリリン・ストラザーンの単著、初の邦訳 名和克郎
刑務所内部の特別改善処遇の実態を参与観察――長期間のフィールドワークに基づく画期的な社会学研究 朴元奎
解放後の韓国社会のマクロな歩みを論理的・体系的に書く――良質でバランス感覚に優れたリベラル派はいまだ健在 文京洙
安倍晋三は手強い「敵」――「秘密保護法」「安保法案」「原発」といった状況的なるものに抗していくためには、「国家」という相貌を相対化する場所からでなければならない 久保隆
次世代を育てる土壌をつくった「キノコ」――次々と繰り出されるテーマはつきない 浦雅春








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約