書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


同性愛者の苦しみは日本でも同じ――自分が実際に経験した現実に向き合い、自分自身にとっての真実を書く エドゥアール・ルイ氏インタビュー
EUの経済政策にたいする告発の書――現状への痛烈なアンチテーゼを提示し、政策転換を求める 児玉昌己
古橋流の表現史的、文体論的な通史――流れてゆく時代のなかで新たに出現しつづける文学を論じる 三浦佑之
困難をかかえる家族の事例を見事なまでに精緻に描写する――卓越した観察眼を通して家族内相互作用という観点から分析 佐藤宏平
アメリカで黒澤映画がいかに評価されていたか――国内外の黒澤映画・三船の見られ方がつぶさにわかる 増當竜也
地域の観点から進学を問題にする――今後、進学研究をする上で不可欠の資料 佐藤康行
ハイデガーという怒濤の波頭の行方を見定め、その衝撃に身構えること――「ハイデガーの子どもたち」の思想との「相互反照」を通じて浮かび上がる「超越の倫理」を縦横に論じる 藤岡俊博
日本哲学史上の一つの創造的胎動――著者の半世紀を超える壮大な思索のパノラマを一望できる見事な論考集 浅見洋
内と外の〈引き裂かれ〉の物語――女性知識人の眼差しで、激しく葛藤した自身と「世の中」とを、明晰な言葉で書き記した自伝 黄英治
「在日特権」というデマを、世界のレイシズム現象の中に位置付ける――真摯な問いの到達点であり、対処していくための出発点 中村一成
包摂と結合を志向する民主主義へ――少壮の社会学者・政治学者による論文集 吉田徹
恐ろしさを秘めたテキスト――現在の我々の性道徳や性表象と向き合うことになる 中山弘明
アメリカでも年間一冊は研究書が出ている人気作家の単独作家論――過去十五年におよぶモリスン研究の集大成/モリスン研究の入門書 藤平育子
〈思想空間〉に響き渡るポリフォニックな美学的言説――多彩な登場人物たちのラズノレーチェ 武田利勝
沖縄の民意を侮り、現実逃避する日本 渡辺豪氏インタビュー
考えさせない時代に抗する実践としての哲学的思考が、ここからスタートする――小気味よいリズム感が特徴的 吉川浩満
ドイツ語の達人が時代を超えた真実を伝える――ドイツ語という多面体を切り取り、それぞれの面をきらきらと光らせてくれる 清野智昭
出版当時も今日も同様にきわめて反時代的な書物――都市と人間との緊張関係を論じる、シュトラウスの代表作のひとつ 井上弘貴
原爆体験を綴ることばを掬い上げ、その多様性に謙虚に向き合う――〈歴史〉の忘却は、選択肢として存在しない 奥田博子
詩人としての義務は何か――ナチス・ドイツ軍との抵抗戦のなかで、素朴で美しい世界の姿を対置する 工藤正廣








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約