書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


異文化の坩堝で織られたつづれおり――身体表現というものの見方を変える旅 志賀信夫
すべてのチャップリンファンに、映画を愛する人に、読んでほしい一冊――チャップリンは小説家としても紛れもなく一流であった 山木洸二
近世から近代の書物の出版と流通を核に、多様な動向を追究――知的好奇心の連鎖反応を引き起こす、充実した一書 木越俊介
言葉や思想の力を再確認すべき――ギリシャ哲学からポスト構造主義まで 大日方公男
囚われのない世界への憧憬――なぜ陳舜臣は李白に共感を持ち続けたのか 稲畑耕一郎
引揚げが「忘却」されている――体験と表現の間にある大きな溝をどのように考えるか 榊原理智
未知の言語の在り方が詰まっている詩集――既成の批評の言葉でなかなか近づけない 藤井貞和
観光産業としての旅行または文化としての旅行――モダニズム論と旅行分析とがダイナミックに結びつけられている 真銅正宏
次の一歩をどう踏み出すか――分析的政治哲学が実践的課題に対しどのように貢献できるのか 田畑真一
シェリー研究の未踏の地を開拓――現代人に身近に語りかけるような文体で訳出されている 望月健一
小さな店の冒険記――読むほどに感じられる手作りの空間とその空間を作り上げる時間 細馬宏通
媒体の美学の可能性――ベンヤミン、アドルノ、クルーゲの不実な遺産相続の系譜から浮かび上がるもの 柿木伸之
大学の現状を浮き彫りにする――卒業後の未来を見通すことは困難だ 室沢毅
安楽死問題の名著――パターナリズムに基づく安楽死の合法化は、非常に危険な原則である 加藤尚武
物自体を見ること、ありのままに物を見ること、物質の奥底まで降りていき、物質になること――ヨーロッパ文化をとらえなおす、ミシェル・セール流のイコノグラフィ探究 高尾謙史
近代社会を相対化するラディカルさ――「セールスマンの死」の劇作家は、最晩年にどんな作品を書いたのか 新井健一郎
岩手県住田町が取り組んだ後方支援の「記憶誌」――ローカルルールを模索しつつ築いた、町ぐるみの備忘録 川上登
小さな出来事に絶えず視線を向け続ける――峯澤典子の詩世界は、ひとつの達成へと向かっている 皆川勤
美術史、木版画史から閑却されてはならない――カラー図版は一五七二図が一八〇頁にわたって収録 村木哲
私小説ともいえる、作者第五小説集――挿画・装丁・題名と、手にしてみたくなる本 三輪正道








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約