書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


認知資本主義論を初めて体系的に紹介――広範な読者層を、深い思索にいざなう 徳丸宜穂
不思議な時間性と空間性をイメージさせる、大冊の詩集――視線の先の詩世界を、これからも期待したい 村木哲
日韓関係の過去から現在、そして未来へと向けた論集――わが列島国家の敗残の歴史を、いま一度、深く考えていくべきだ 皆川勤
私たちは脳に操られる生きたマシンなのか――意識に特有の非アルゴリズム的性質はまだほとんどわかっていない 大野秀樹
言葉の身体感覚を解きほぐす――マイノリティ文学に向き合うために 笹尾佳代
一つの巨大な「読み物」として興味深い歴史ドキュメンタリー――第一次世界大戦は繰り返し議論せねばならぬ大きな課題である 中山弘明
「弱者の美術」としての「闇の美術」――闇を語ることは光を語ることでもある 加藤奈保子
きわめてラディカルな問いを提起した研究書――「国文学として読む」という態度が貫かれている 千田洋幸
私とはいかなる人間であるのか?――しみじみと“引き気味”のまなざしにもかかわらず、どの作品にも呪文のような韻文的な響きが宿っている 阿部公彦
ウィトゲンシュタイン自身による「哲学的人体実験」の記録――かれの哲学的生涯の始まりをはっきり刻印する日記 中村昇
思いもかけぬ成り行きで政治活動に翻弄された三年間を総括――本来の天職である作家に戻るにあたって書かれた、リハビリの書 立林良一
エッセイを読む至福の時間――津島佑子を行動に駆り立てた「怒り」 石原千秋
徹底的にことば=言語を追究した50人を採りあげる――「人間はこんな風に言語とむきあってきたのだ」と思わせてくれる 今野真二
懊悩と、毒に塗れて、エロ男爵――徒労で無冠の帝王たちに捧げられている「始まりの」本 谷岡雅樹
一期一会の日々が見えて、真っ新な輝きを帯びている――十二年間の三四四句を収めた日々の集成 林 桂
岩手県気仙郡住田町土倉に焦点を絞り中山間地域に生きる人間の未来像を描く――一過的な観察では決して捉えられない、集落の生成変化を可視化する 川上登
誰もが心の内と外に菜園に似た「窓」を持っている――つれづれに書き留めた「いま」を伝えるエッセイ集 寺田操
薩長政権に思い込まされた「大義」――秩父事件の受刑者・柳原正男の存在を通して、日清戦争の「影」を活写していく 植田隆
新たな「小津論」の展開のために――小津安二郎の「思想」の変遷をたどる 宮本明子
ジャンルの枠組みを超えた作品――本書を手に取って、主人公とともに迷い、戸惑い、結末の驚愕と衝撃に向かって歩んでみようではないか 中野善夫








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約