書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


多岐にわたる問いかけの著作――社会的に引かれた境界線と「落とし穴」 前田泰樹
仕覆の作者がそのなりわいの歴史的流れを追う――原初を探ろうとした著者の努力に敬意を払う 吉岡幸雄
連句の宇宙へ――個性もいいけれど 三浦衛
まさに十五年に亘る漱石の初恋をめぐるドキュメント――新たな仮説を立てようとする冒険心と飛躍 小澤純
教育上の責任とは何か。誰が、いかに果たしうるのか――組織内部の法的権限関係を素材に、教育委員会を探究 山下晃一
シュルレアリスムは「名づけられないもの」――現在もまた、ダダは切実なテーマである 対談 巖谷國士×塚原史
文学的出発期の思考の中から生み出された言葉――初期日野啓三の詳細な紹介・分析を通して、戦後初期の「批評」の感触を伝えている 佐藤泉
日本近代にとって体操とは何だったのか?――体操の歴史を振り返りながら現在を考える手がかりを得る 松浪稔
「日本会議」という巨大組織の中心を抉り出す――事務局に焦点を当てた見事な臨床政治学 中沢けい
現代への警句も含む一九世紀博物館――様々な仕掛けが織りなす500頁 土肥秀行
「痕跡」をたどってその生への接近を試みる――まさにレヴィナス哲学を体現する伝記 藤岡俊博
関係性の網の中で生きる人間の具体的なありかたを、さまざまな観点から描き出す――驚くほど多様な研究アプローチを取り込んだ学際性が本書の最大の魅力 北野浩章
日常の中の小さな奇跡――主人公は「古き良きソ連知識人」の最後の代弁者なのかもしれない 沼野恭子
「もう一つのアメリカ」を探求する批判の書――ウィリアムズの念頭にはジョイスの『ユリシーズ』があった 江田孝臣
記憶喪失にあらがうファンタジー――ひとたび語り口に乗ってしまえば、驚くべき結末まで一気に読み終えてしまうはずだ 大久保譲
「歴史の闇に埋もれて」いた女性作家たち――ルネサンスを待って、女性たちが自分たち自身の価値について堂々と主張しはじめることばにも目をみはるものがある 村松真理子
やっちまいな!――ひとにいやがられてもなにかするのが慈悲の心であり、無償の行為である 栗原康
よい意味での混沌の反映――章ごとの解題や箸休めのコラム・映画紹介など工夫もこらされていて、僭越ながら敢闘賞を差し上げたい気分だ 永易至文
風変わりで愉しい妖精物語――近代ヨーロッパのふところに入ってゆくための小さな地図としても手軽に読める一作 加藤健司
子供が読んでも大人が読んでも楽しめる童話――伝統的なヒロイン像に物足りなさを感じている人は、この作品にわくわくと胸が躍ることだろう 生駒夏美








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約