書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


研究者でない一般読者にも有益――氏の研究が持つスケールの大きさを感じる 高遠弘美
物語のコルヌ・コピアの神秘解明――もしかしたら、書くことという自らの仕事を心から肯定したパムクの照れ隠しこそが、本作の難解さの元凶なのかもしれない 宮下遼
論考で列記された様々な人名に共感し、喚起された――著者・新木正人の初めての著書であり遺著 久保隆
戦争は女性に何をもたらしたか――近代日本の「戦争と女性」を概括した労作 山田宏明
反骨の映画人ケン・ローチ――第69回カンヌ国際映画祭レポート 大和晶
社会から漏れ落ちる隙間/隙間から生成する社会――挑戦的な課題への意欲を掻き立てる優れた達成 奥村隆
日韓関係の多彩さを描き出すことに成功している――日韓の新進気鋭の第一線の学者・研究者が執筆 具末謨
ヘーゲルをラカンに照らして読む――ラカンの学説こそ、マルクスの政治イデオロギーをラディカルに含んでいることを示す、ジジェクのヘーゲル=ラカン論 高橋一行
持続的な表現力の大切さ――ジョン・レノンとオノ・ヨーコの米国での約10年間の活動を詳細に辿り、社会変革のメッセージを発信し続けた二人の姿を描き出す コールさとう
「巨匠」への鮮鋭なる「探究」の書――伝記的位相と作品世界を巧みに交錯させながら、それぞれの〈像〉を浮き上がらせている 皆川勤
この作家ベストの長篇が誕生――繋ぐことの技法、あるいは寂しくて賑やかなこの世界のネット 鈴村和成
「一国民を知る最良の鍵は文学である」という、著者自身の異文化理解に対する考えを実践――バラエティに富んだ構成で、正真正銘の大作 松山洋
オペラに対する交響曲の優位が形成されたのはなぜか――その理由の解明へ向けて、多面的かつ周到なアプローチを試みる 藤野一夫
メディアをめぐる混沌、および混沌が持つ可能性――テレビの起源を、街頭テレビが登場する以前の一九三〇年代にまで遡ってとらえる 溝尻真也
講演:泥憲和、樋口陽一「自衛隊、憲法、集団的自衛権をめぐって」 泥憲和、樋口陽一
変化しつづける作家・王安憶――作品と同じ目線で真正面からぶつかり、吟味する姿勢に声援を送りたい 濱田麻矢
自然を模倣し、先達を模倣して学ぶ――原書にない詳しい作品解説は、読む者にブッツァーティに関する雑学を含めた知識を提供している 谷口真生子
西洋近代の演奏会におけるプログラミングをたどる――音楽的価値観の根本的な変化を明らかに 土田英三郎
スペインの苦難の歴史に対する批判的見直し――ゴイティソロの反骨精神が表出している 佐竹謙一
危機の時代の言葉の実践にむけて――著者の思考の驚くべき強度と深みを再現 近藤康裕








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約