書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


絵画盗難事件をめぐって綴られた「ドキュメンタリー・フィクション」――実行犯に対する「信義」の問い 宗近藤生
日用品のうつりかわりをたどる事典  
林ふじをの多彩な性表現は、「切れ」の多様さをもって為された――死に至るまでの数年間「川柳研究」に発表された156句を初めて書籍化 浅沼璞
決定版・ハイデガー入門――壮大なハイデガーの全貌をわかりやすく伝えて、思索の足腰を鍛えてくれる 田端健人
路上の憎悪と日常の「微細な攻撃」――その二つに通底しているのは無知である 金友子
「来るべき共存在」のモデルを提出する刺激的な論考――フーコーの二分法に寄りかからず法の生産性を語る 廣瀬浩司
中東で現在も進行中の「革命」と「反革命」の構造を歴史的文脈と地域的広がりのなかで解き明かす――グローバルな(経済)戦争体制に包摂された現代世界に警鐘を鳴らす 山中達也
「空爆」や「占領」や「難民」を再び日本の日常的なものにしてはならない――銃や軍と距離を置き中立主義を守ることが、人道的支援の活動家たちを守る 大橋正明
フクシマ以前、以後といった時間性を超えた普遍視線がある――個々の詩人たちのそれぞれの思いが満ち溢れた詩集 村木哲
忍耐強く世界を生き延びる技法としての哲学――忍耐強く本書を読み解けば、ブルーメンベルクの思想の骨格が透視できる 後藤嘉也
イタリア・ミステリのブームのきっかけとなった画期的な小説――国内の都市を舞台にし、以降のイタリアのミステリ作家たちに大きく影響を与えた 橋本勝雄
アメリカ社会とポーの対峙を詳細に考察した貴重な一冊――ポーとドライサーの比較研究と〈新しい〉文学史の出現に期待する 伊藤詔子
中国を巡るエッセイの集大成――司馬遼太郎の「中国論」の検証と批判 萩原信彦
どん底の希望――言語に絶する逆説の福音をひたすら捉え続けようとしたカール・バルト 福嶋揚氏インタビュー
芸術とは気晴らしではなく人生の変容である――オペラの本質に関わる考察も見られる 上川修史
理の賢明、成熟、闘志、なにより知への深い信頼がここにある――実務型知性の温容と安定感は、日本「衰退」論をむしろ退けている 澤村修治
ノマドとしてのイメージ、その自由と解放のために――『美術史の終焉?』から18年、新たなイメージ学の始動 松原知生
「最後の魯迅」とでもいうべき像を鮮鋭に描出――魯迅論として際立った思想性を湛えたものとなっている 久保隆
舞踏には定型などない――舞踏のスピリットを撮った決定的瞬間を収録 古沢俊美
飽くなき闘いの先の世界を描く――造語「またがりビト」を鍵にして、「共生社会」への扉を開こうと提案するエッセイ風短編ルポ集 中村一成








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約