書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


全く痛快極まりない本――安藤昌益の社会に対する根源的な批判 鈴木正
川端文学の原点、源流をめぐる旅――初恋の十五歳少女の、書簡中にある二文字の謎を追う 井出彰
「死」の到来をいかに遅らせるか――現代アメリカ小説における「愛」と「死」は、より屈折したものとしてアメリカ的主人公たちの心に取り憑いたまま離れない 麻生享志
コロンブス交換によって創り変えられてきた世界――豊富な資料とインタビュー、現地視察を交えてドキュメンタリーに描く 宮本欽生
最先端技術は人類を幸せにするのか、滅ぼすのか――人工頭脳(AI)が人類を追い越すのは時間の問題だ 大野秀樹
著者四人の多様性とともに、ユニークな中身――本書をテコに、民主主義や憲法について深く考えていきたい 佐藤和之
どの視点から見ても非の打ち所がない傑作――黒沢清監督『クリーピー 偽りの隣人』 睡蓮みどり
文化は決して平和の顔をしてはいない――史実を探る硬い論文でありながら、ミステリーを読む静かな興奮が味わえる 増田幸弘
たぐいまれな私的国際交流の十字路「ほんやら洞」――ワイルドな写真と素晴らしい装幀の乾坤一擲の作品 杉村昌昭
『女性労働研究 第60号 生きる場の再構築』(すいれん舎)刊行によせて 金井郁、渡辺照子、宮本みち子
西欧とロシアの「はざま」の多様な世界――東欧文学とはいかに定義されるのか 松下隆志
経済学が看過してきた模倣と権力の契機を炙り出す――鋭い洞察と示唆に満ちた書 沖公祐
叙事文学の伝統を現代に甦らせる豊かな語りの力――その問題意識も言語表現も驚くほどに新しい 孟真理
ヨーロッパの哲学史、特に解釈学の伝統の中に他者理解という問題解決の可能性を見出す――具体的な社会領域へと考察を広げながら、理解という実践的な要請のもとに思想史を組みなおす 堀内進之介
辺境に生きる、辺境を生きる――一首の短歌が、あなたにとって忘れられないものになる、かもしれない 石川美南
既存の学術的方法論を凌駕する考察――造形作品・人・異文化・異言語という存在に謙虚に、優しく賢く接触する 南明日香
イノセントな抒情性から発露された言葉(歌)たち――賢治的感性に通ずる詩世界を有している 村木哲
賢治文学・思想の根幹に迫る――例示を膨大に積み重ね、解析の姿勢を徹底することで、賢治の「混沌」に向き合った光度高き書 澤村修治
巨大な次回作を予感させる――「震災後」、はっきりと見えるようになった社会と歴史のほころびを考え直そうとしている 管啓次郎
ユーラシアからアジアへと連なる観念の地勢図――ワノフスキーは亡命後、革命ロシアをどのように望見していたのか 久保隆








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約