書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


使用済み核燃料処理に展望はあるのか――フィンランドの最終処理場の現状と日本の無方針 山田宏明
私小説は「死なない」――広い意味での「私小説」が日本語の特性そのものに根差している 伊藤氏貴
壮大な「大西洋史」――人類史最大の汚点というべき奴隷貿易が、その後に与えた影響とは 川成洋
詩人の故郷への手紙は、どれも美しい――詩人は夢の果てまで共同体を見つめていたのかも知れない 鈴木義昭
東アジア的形而上学の創造――仏教存在論により「東アジア哲学」の哲学的根拠を見いだす 高坂史朗
東日本大震災再考:「復興」と「生活」のいま 【対談】似田貝香門氏×吉原直樹氏 【寄稿】松本行真氏
従来の西洋中心主義的世界史観に見直しをせまる野心的な著作――「宗主権」をキーワードに、新たな世界史への航海に乗り出す 井上厚史
ソヴィエトのコンストラクターの理論と実践を考察――ロトチェンコの造形と視覚の革命、その夢の軌跡 室生孝徳
これまでの俳句史における「伝統」を読み直し、新たな俳句史に「伝統」を紡ぎだす――戦後俳句の探求・理解のために、「伝統」や「反伝統」「前衛(難解)」の語義そのものの概念規定が必要 大井恒行
黄金時代はいつ訪れる?――アルセスト論争を丹念に追いかけ、リュリとキノーがオペラ『アルセスト』で魅惑的な世界を創造したことを解き明かす 永井典克
なにはともあれ、大学はタダ。 栗原康氏が語る、『学生に賃金を』(新評論)
「ポスト・フクシマ」の思想を紡ぎ出すために――後期ガタリ思想の体系的理解を可能にする著作 村澤真保呂
被災者の心のケアの大切さ――救援活動従事者にもストレスは残る 萩原信彦
女性表象における女性画家の意識のあり様をも浮彫りにする――女性観に新たな揺さぶりを生じさせる 出佳奈子
文学から〈人文知〉を更新する方途を示す――人間と環境をめぐる多角的な思索への静かな促し 中村邦生
人生と芸術の羨ましくも恐ろしい一致はひとつの悲劇である――小説並みの活き活きとした情景描写の優れた伝記 齊藤貴子
創業八十年の老舗居酒屋の物語――京都・西陣の地で変わらず続けてこられたのはなぜか 村木哲
異界からの声、太古の記憶を手繰る――手文庫に閉じ込められた三つの物語を解き放つ 井出彰
精神病者の作品を五千点以上集め、その芸術的価値について論じる――「人間の芸術創造とは何か」という普遍的な問いに貫かれた、エネルギーの交差の場 知足美加子
ネガティヴな祝祭性に抗する――「文化の多様性を拒否するアイヌ民族否定論ではなしえない自律した価値」を擁護する試み 石和義之








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約