書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


オペラに魅かれて60年、燃え続ける著者のオペラ熱――オペラ未経験者、初級者、愛好者も読み進められる、総合的ガイド本 下山静香
重要なのは草の根レベルの対話――核による脅威の連鎖から脱却することが求められている 下沼英由
彼女はいつも変わらずにそこにいる――ジャ・ジャンクー監督『山河ノスタルジア』 睡蓮みどり
ヘーゲル哲学の新生の時――グローバル世界の批判的指針のために 福田静夫
平成の大合併後の地方自治を検証する上で不可欠の必読書――吸収合併する都市と吸収合併される農山村の両方で詳細な調査 佐藤康行
聴覚文化研究の新しい古典――音響再生産の来し方行く末に耳をすますにあたってまさに待ち望まれた翻訳 門林岳史
「階級構成」とは何か――現代のアンダークラスの闘いとはいかなるものか 対談 廣瀬純×マニュエル・ヤン
現況は、何もかもが「お国のため」だった昭和三年と似ている――言論表現が生業のジャーナリズムの堕落は目に余る 斎藤貴男
社会的・個人的なつながりの変遷を歴史的に検討――友情についての社会学的研究の大著 上野加代子
驚異の国、興味の尽きない魅惑のスペインの謎を解く――スペインの〈多様性〉と〈ハイブリッド性〉に言及 樋口正義
アメリカの国家としての脆弱性と特異性――法が成立、あるいは不成立に至る過程で繰り広げられる背後の社会の諸力のヘゲモニー闘争の力動的解明に力点をおく 池上善彦
関西小劇場の良さを知ってほしい――関西小劇場の状況を現代史的にまとめる、類書がない本 高橋宏幸
普遍的な仕事論である「形態論」の考え方と実践――独学の美術作家たちには、とりわけお薦めしたいデザイン書 木村邦彦
既成の現実観に対する圧倒的な破壊力――あえて通俗的な素材を紛れ込ませることにより、むしろ事象の特殊性の奥にひそむ普遍性へ立ち至ろうとしている 巽孝之
語ることからこぼれ落ちた出来事がここにはある――通夜を舞台に、探り当てられる過去の景色 荻世いをら
人を「道徳的主体」とする新たな考え方や相互作用のプロセス――その主体の可能性に「われら勝ち得し世界」の内実を見る 澤田千恵
タイムカプセル文化の発展過程を文献資料から跡づける――時間をめぐる感性の歴史についての知的好奇心を刺激する一冊 丸山泰明
変質した現代科学への危機の書――著者の科学思想史三部作の最後を飾る書物 吉本秀之
占領下における人間の実存の問題――ハニ・アブ・アサド監督『オマールの壁』 岡真理
テクストを取り巻くコンテクストとの関係性――コリンズ再評価の機運が高まっているのも頷ける 立石弘道








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約