書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


嘘なのか本当なのか――ウィスキーを片手に、ちびちびと読むのもいい 北原尚彦
精神分析の未来への懸け橋――心の見取り図を提示する精神分析のルネッサンスのために 木部則雄
「情けない国」に対して情報公開のあり方を問うた市民的実践の記録――私たちの知る権利を、より内実あるものにする礎となる内容 三輪智博
萩原朔太郎の実像に迫る――クロニクルに作品を論じていくところも、大きな効果であるだろう 高貝弘也
時間SFを物語論へと接木する――良質な文法書は凡例の量・質がとにかく素晴らしい 海老原豊
テクノロジーの支配の只中で、芸術という営みがなげかける可能性を問う――近代を根底において支えている虚構の本質とは何か 小林信之
さまざまな形態のワヤンの物語世界――本格的な演劇研究でありながら、一般読者にもわかりやすい文体や表現で書かれている 梅田英春
マルクス・ガブリエルの実在論的多元論――「新実在論」から「中立的実在論」へ 加藤泰史
蔵王をのぞむ村の戦後を描く叙事詩――原村政樹監督『無音の叫び声』 名取弘文
原発再稼働に邁進する現政権の異様さ――原発の構造的問題が浮き彫りにされ、あらためて疑義が増幅する 植田隆
詩と生、芸術と現実の一致を追求する――『イタリア的カテゴリー』とならんで貴重な書物 岡本源太
被災地で演劇が果たす役割――災害芸術学の提言 九鬼葉子
優れた人物から生き方を学ぶ――日々の生活から作品への取り組み方まで 都甲幸治
「戦争‐戦後」にとどまらぬ問題――不慮の末路は教条的ではない普遍的なメッセージを読者に伝える 佐藤宗子
老舗一九社のミニ社史が東京の過去・現在・未来を物語る――東京の街歩きの新しいガイドブック 大野秀樹
社会が生成する瞬間の音を聴く――執拗で独創的な一つの思考の軌跡 佐藤俊樹
安倍晋三は手強い「敵」――「秘密保護法」「安保法案」「原発」といった状況的なるものに抗していくためには、「国家」という相貌を相対化する場所からでなければならない 久保隆
「支配的動物」であるヒトが地球環境に与える負の影響――「やや悲観主義」の考え方を理解するために参考になる文明論の力作 福岡正人
刑務所内部の特別改善処遇の実態を参与観察――長期間のフィールドワークに基づく画期的な社会学研究 朴元奎
ゴフマン社会学と相互作用論の深化に向けて――個人の生きづらさはわれわれの日常的実践の中でどのように処理しうるのか 周藤真也








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約