書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


アメリカで黒澤映画がいかに評価されていたか――国内外の黒澤映画・三船の見られ方がつぶさにわかる 増當竜也
日本哲学史上の一つの創造的胎動――著者の半世紀を超える壮大な思索のパノラマを一望できる見事な論考集 浅見洋
地域の観点から進学を問題にする――今後、進学研究をする上で不可欠の資料 佐藤康行
原発事故で「流浪の民」となった日本人の運命――果たして「杞憂」と言えるのだろうか 山田宏明
古橋流の表現史的、文体論的な通史――流れてゆく時代のなかで新たに出現しつづける文学を論じる 三浦佑之
独自の視点と着想――チャールズ・H・ロングの宗教学的着想を共有し展開した宗教学の議論の記録 木村武史
「和解」と「慰藉」の距離――井口時男の句作の精神に俳句本来の生に対する可能性を信じる 大井恒行
〈思想空間〉に響き渡るポリフォニックな美学的言説――多彩な登場人物たちのラズノレーチェ 武田利勝
「在日特権」というデマを、世界のレイシズム現象の中に位置付ける――真摯な問いの到達点であり、対処していくための出発点 中村一成
恐ろしさを秘めたテキスト――現在の我々の性道徳や性表象と向き合うことになる 中山弘明
他者の言葉――第一次世界大戦をはさんで、アドルフ・ロースの一貫した主題が浮かび上がる 松畑強
アメリカでも年間一冊は研究書が出ている人気作家の単独作家論――過去十五年におよぶモリスン研究の集大成/モリスン研究の入門書 藤平育子
沖縄の民意を侮り、現実逃避する日本 渡辺豪氏インタビュー
新しい民主主義の誕生を告げる主権者の語り――〈言葉の革命〉をもっとも端的に伝える好著 佐藤学
現代の福祉国家が資源とすべき二つの倫理を論じる、現代的な視座を宿す書――福祉理念をめぐる現代のさまざまな知見を展望できる 橋本努
比較文化的な手法で三宅雪嶺の思想を読み解く――国際化時代の趨勢を善的に反映する、新しい対比、比較の地平を開いた最新の研究書 藤田昌志
詩人としての義務は何か――ナチス・ドイツ軍との抵抗戦のなかで、素朴で美しい世界の姿を対置する 工藤正廣
美貌の純潔王の聖悲劇、本邦初訳――ルートヴィヒ2世とワーグナーをモデルとする、19世紀末の耽美主義的物語 足立和彦
世界への視座 フランス 守中高明/ニューヨーク/北米 高祖岩三郎/沖縄 新城郁夫/三陸 山内明美/「イスラーム国」とパレスチナ 田浪亜央江/スペイン 渡辺雅哉/ドイツ 中谷毅/アノニマス 増田幸弘
出版当時も今日も同様にきわめて反時代的な書物――都市と人間との緊張関係を論じる、シュトラウスの代表作のひとつ 井上弘貴








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約