書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「記憶の管理」を退ける――右から左までの「政治屋」を拒否する明確な意思表示 塚原史
血を噴く自己剔抉が透視する「希望」――演劇集団「創造」公演『人類館』 山口泉
音が聴こえる、美しさと匂いと。――わたしたちは魅入る以外にないのだ。この風景に。 佐々木幹郎
ブルクハルトの魅力とその思想の現代的意味を気づかせてくれる――歴史と教育の関係を正面から考えさせる良書 伊藤宏二
ベンヤミンを一貫して「言語」の観点から眺め直す――ベンヤミンの思考の「豊饒さ」とは何だろうか 田辺秋守
14人の詩人の、葛藤のなかで紡がれてきた表現とその生涯――青踏の時代から戦後社会までの女性史をたどることにもなる 川口晴美
「人間の学問」を構築していった壮大な思想家として、アダム・スミスを精緻に描く――スミスの学問的意図を、社交性の理論の構築という軸で明快に描き出した伝記 古家弘幸
健康寿命を延ばす元気が出る小説――髙村薫の愉快でシュールな新世界 大野秀樹
「批評家」諏訪哲史の面目躍如――硬質の文体で綴られた、旗幟鮮明な文学論 谷川渥
「思考の自立性」の近代的立場の検討から「思考の超越」へ――著者個人の歩みと歴史的世界との問題が一つに重なる、「哲学」の真の主体化 岡田勝明
タイ、ミャンマー北部、雲南地方の山地民の生活を詳らかに――記録文書のない地域で情報を集めた努力を讃えたい 金子民雄
ラカンの新たな臨床の出発点になった症例――ラカン研究の資料としては第一級の価値を持つ 十川幸司
九鬼周造の時間論の可能性を論じた力作――新たな領域を開拓した画期的な書 田中久文
東山魁夷作品の魅力の淵源に触れることができる一書――日本画を広々とした場所へ連れ出した、いわば先駆者である魁夷 梶葉子
米騒動の初発地、富山・魚津から生まれた米騒動研究――同地出身の著者の、思いの詰まった書 斉藤正美
「死の光」――あるいは文芸評論の「無限遠点」――再び「言葉だけの希望」が瀰漫しつつある「3・11以後」の世界 生野毅
寺院の動きを捉えた新たな考古学の誕生 上原真人氏インタビュー
アジア隣国と日本との関係回復のファンタジーを本格ミステリとして描く――極めて現代的な問題意識に貫かれた作品 横井司
境界領域の文学研究の好著  
人間の「非‐歴史性」をえがいたカミュの歴史――文芸評論かつ思想史としても読むことができる骨太の研究 香芝典宏








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約