書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


詩人としての義務は何か――ナチス・ドイツ軍との抵抗戦のなかで、素朴で美しい世界の姿を対置する 工藤正廣
美貌の純潔王の聖悲劇、本邦初訳――ルートヴィヒ2世とワーグナーをモデルとする、19世紀末の耽美主義的物語 足立和彦
世界への視座 フランス 守中高明/ニューヨーク/北米 高祖岩三郎/沖縄 新城郁夫/三陸 山内明美/「イスラーム国」とパレスチナ 田浪亜央江/スペイン 渡辺雅哉/ドイツ 中谷毅/アノニマス 増田幸弘
出版当時も今日も同様にきわめて反時代的な書物――都市と人間との緊張関係を論じる、シュトラウスの代表作のひとつ 井上弘貴
日記を書く危険な少女――書くこと(大人になること)に対するアンビバレントな思い 伊藤節
原爆体験を綴ることばを掬い上げ、その多様性に謙虚に向き合う――〈歴史〉の忘却は、選択肢として存在しない 奥田博子
ダイナミックに動いた明治大正期を多角的、立体的に描き出す――歴史に対する絶妙な距離感と、バランスにとんだ叙述が特徴の『明治大正史』 東京大学出版会・黒田拓也氏に聞く、中村隆英著『明治大正史 上・下』(東京大学出版会)
考えさせない時代に抗する実践としての哲学的思考が、ここからスタートする――小気味よいリズム感が特徴的 吉川浩満
ドイツ語の達人が時代を超えた真実を伝える――ドイツ語という多面体を切り取り、それぞれの面をきらきらと光らせてくれる 清野智昭
「一粒の型」を追い求めて――自分の「魂の故郷」に帰ろうとする者のような穏やかな口調 岡田素之
コント、マルクス、スペンサーが語りあう――風変わりな社会学史のテキスト 鈴木正
同人と読者が雑誌を介して織りなす「集団の思想史」――日本思想史の重く分厚い一頁を新たに開く 福家崇洋
2015年下半期読書アンケート 松本卓也、上田岳弘、塚原史、四方田犬彦、荒川洋治、坂野徹、安田敏朗、上村忠男、道場親信、井川博年、谷川渥、加藤一夫、小森健太朗、川崎浹、天笠啓祐、小倉英敬、川村邦光、野上暁、古賀徹、郷原宏、青木孝平、石原千秋、小倉孝誠、高橋敏夫、飯城勇三、中金聡、鈴木一誌、竹中佳彦、船戸満之、天野知香、柏木博、新城郁夫、三浦哲哉、松永美穂、笠井潔、中村邦生、大野秀樹、布野修司、阿木津英、細見和之、藤原辰史、鶴見太郎、巽孝之、澤田直、佐藤泉、川本隆史、崎山政毅
ホームズ・パスティーシュ長篇功績者の31年ぶりの新作――矛盾のあるホームズの事件を繋ぎ合わせ新たな物語を作り上げ、矛盾を解決する 北原尚彦
占領期の「消費都市」別府の時空間を浮かび上がらせる――歴史や地域性を踏まえた上で新聞記事を精緻に分析 和田崇
思考のない思考であるところの詩から、生きるということの統一を考えさせる――万言を費やすより一言、ここに真の思想がある 上田薫
「積分(∑シグマ)の論理」を問題意識の中心に――「いま・ここ」を見極める「微分の論理」を 山本昭宏
いかにして個と《自然》を見出すか?――ずっと身近にあった暴力の蔓延から、さらにその根源へと遡行し、《幹(souche)形而上学》を構想する 清水高志
ジョン・ディクスン・カーへのオマージュが満載――長編の『吸血の家』原作と読み比べてみるのも一興である 波多野健
海外文学・文化回顧2015 原田範行、橋本勝雄、長岡真吾、中村唯史、伊東貴之、山本浩司、三ツ堀広一郎、柳原孝敦








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約