書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


戯言としての戯曲――善悪の彼岸に佇立し、戯言を喚く者は人を震撼させる 大岡淳
首狩を研究する意義とは――台湾の先住民文化などを事例に、民族宗教学の手法にしたがって、狩猟採集民や農耕民の生業との関係や世界観に注目しながら、首狩という人間の行為を分析 松岡格
黒人文学を徹底的に読み直そうという試み――黒人文学史を再考し、その作業にともなう文学批評理論を跡づけ、最後に表現形式そのものに分け入る 飯野友幸
自己を「書き換える」必要性が見えてくる二冊――椹木はこれまで自らが描いてきた美術の歴史を、これからの自分が「書き換えて」「外に開いていく」ことを実践している 宮田徹也
活ける知の収蔵庫――自在の思想家にして文化理論家・エイゼンシテイン、稀有の知的巨人への関心を掻きたてる書 四方田犬彦
釜ヶ崎での宗教活動と社会・福祉の複雑な関係――描かれる事例の細部に、本書の魅力がある 渡邊太
世論を強力に動かしうる啓蒙書――教育という「善きもの」は「善き」がゆえに歯止めがかからず、暴走していく 内藤朝雄
社会は医療・技術を導入する際に何をなすべきなのか――AID(非配偶者間人工授精)をめぐる父子関係についての法的な議論にも着目 柘植あづみ
わたしたちが希望を託せる医師像や医療世界像がここにある――「胃ろうの光と影」というモチーフを起点に、医療の世界へ様々な問題提起をしてきた証しの書 宗近藤生
特集 「戦争法案」に反対する 想田和弘、佐藤泉、大野光明
「負の遺産」を継承する 対談 小松健一×新藤健一
類書のない、ベルギー理解にとって必読の書――大切なベルギー情報を教えてくれる 立石弘道
彼は女優だ――フランソワ・オゾン監督『彼は秘密の女ともだち』 睡蓮みどり
世俗化した多元主義の社会が守り抜くべき価値とは――人倫と倫理を問う次元で、肥沃な議論の進め方を提案する 品川哲彦
震災復興の手掛かりになる社会基盤形成の思想や方法論――今和次郎のまなざしを現代にどう受け継ぐべきかを解き明かす 長山洋子
長崎での被爆体験を語る人々――原爆投下反対運動はこれからどうなっていくのか 山辺裕之
霊性の思想家・新井奥邃――混迷する現代にこそ読まれるべき一冊 高橋和夫
フランス生命倫理の基調に存在する、人の身体を尊重する理念――法が依拠する価値と、法には採用されなかった価値を分別しながら叙述する 林真理
現代エジプト女性の間で消費されるファトワー――書面では知ることができない微細な文脈を観察 辻上奈美江
左翼党を知るための好著――新自由主義への対抗政党の真の姿 高田広行








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約