書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


当時の財務大臣で経済学者がギリシャ債務危機前後を描く――EUの結束とは何かを問い直す意味で、非常に重要な著書 高屋定美
アナウンサーという職業と職能、女性アナに期待される役割とは何か――根源的な問いに真正面から取り組む 小川明子
哲学の核心部を惜しげもなく語る――西洋哲学の膨大な過去を自らに集約しながら創造を行う一つの切っ先と化しているかのようなベルクソンのライブ講義録 杉山直樹
政治学の存在意義を再認識させる――学術と現実を常に往復する、縦横無尽かつ物怖じしない議論を展開 川村一義
尋ね人の影――なぜ瀧口修造が冨士原清一の守護天使であるか 扉野良人
詩は未来から到来する言語である――これからの詩人は、戦うよりも耐えねばならないだろう 浜田優
言葉を発するとは、名づけること――一首の歌から物語をひらき、掉尾に反歌を置いて収める、きえもの尽くしの「歌物語」集 大和志保
日本人はどこへ向かうのか。そしてどう生きていくのか――野生の生きものと日本人との関わりについて多方面から論じる 菱川晶子
関係性は柔らかにかたちづくられていく――同人誌『八月の群れ』に発表された六篇の小説集 村木哲
未詳の青を求めて――失われることへのフィールドガイド 太田垣裕子
「オーストリア文学」というファントム――外国語文学に関心を有する者であるならば一家に一冊所有していてしかるべき書籍 前田佳一
「声」の技法を尽くした力作――気を抜いてこの大きな声のうねりに身を委ねる幸せ(「ラッコの家」)/なにか一つのきっかけで暴発してしまいそうな不穏さ(「窓」) 伊藤氏貴
読者を繰り返し繰り返し驚かせる――「黄」というタイトルに込められた意味が何よりも重く、深く迫ってくる 立原透耶
ひとりひとりから始まる共生への道――向かう先は成熟した社会、その準備が共生社会 片柳真理
絵巻という絵画作品に関する、迫力のある伝来論――酒天童子絵巻を坂東武士と都との関係から歴史的に再評価する 高橋修
「同調」と「競争」の視点から武術を分析――身体論と具体的な技世界をいかに接続するか 田邊元
「虚構と現実」の壁を超えられるか――文学としてのマンガ、芸術としてのマンガといった表現に興味がある読者にも、そういった表現に抵抗を覚える読者にも、ぜひとも挑戦してもらいたい傑作 永田希
時代に生き、時代を超えた魂の闘いの足跡に分け入る――歴史の対立を乗り越え、融和・統合へ 佐藤容子
愛すべき中年男のビルドゥングスロマン――パートナーシップという観点でも爽快だ 井口富美子
SDGsブームのいま、「持続可能性」を問う――環境問題をいわゆる「環境好き」の人びとの考察対象にとどめず、統治・支配のあり方を議論するうえでの格好の素材として見出す書 喜多川進








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約