書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


自伝的物語のような詩集――望郷感や郷愁感といった思いを直載に表出するのではなく、自分や家族たちの生活という場所から、「海」という象徴的な詩語にのせて、著者自身の思念の有様を投影 植田隆
世界文学の光源、シュルツの研究史――ポーランド文学の翻訳と交流の記録 高取繁
「メタ・サスペンス映画」の誕生――アスガー・ファルハディ監督『ある過去の行方』 田辺秋守
「共生社会」実現に向けて法の可能性と限界を学ぶ――特定秘密保護法成立後、一人一人が問われている状況の中で、本書を使いこなしたい 大越愛子
ベロー作品の多層性を改めて確認させてくれる一冊――14の長・中編を丹念に論じた労作 堀邦維
もっとも中心的なマーケティングの基本「原理」を説明――日本になじみ深い事例紹介や日本的な追加的説明も行っている 嶋口充輝
教育権の確立で「四権分立」の実現を――「教育の政治からの独立」を唱えた池田会長の構想の研究 萩原信彦
ジャッロをめぐる博覧強記な〈事典〉  
〈書くこと〉、〈読むこと〉そして〈生きること〉の関係をめぐる問い――同時代の文学をめぐる問いかけに、驚くべき繊細さで反応していたプルースト 湯沢英彦
オーストラリアの建国史を語った好著――日本にとって示唆するところが多い歴史 齋藤英里
   
「赤ずきん」が内包する「謎」を解き明かす――「赤ずきん」をイニシエーションの物語として読む試み 金山愛子
染色の名人のように、鮮やかな手さばきで「色彩の極致」を取り出す――「白」や「黒」という、色彩を超越した次元での「美」を描いた『源氏物語』 島内景二
十九世紀の物理学者にして汎神論的思想家フェヒナーの評伝――冷静な記述の端々にフェヒナーへの満腔の共感が滲み出る 福元圭太
コミュニタリアニズムの多様な世界に見通しを与える――サンデルの言説を再構成することによって批判に答える 橋本努
ネット社会の「猛毒」から子どもを守るには――親子の対話と、制度的規制が不可欠だ 山田宏明
十字軍を学ぶ意味として三つの論点を提示し、現代の関心にも応える――中世地中海域の歴史に関心を抱く読者にとって有益な一書 根津由喜夫
類型論的な形態学を展開したモノグラフ――「加入礼」を主題として包括的に考察 奥山倫明
「ここはどうなっているのかわからない」と書く勇気――性急な断罪ではなく、丹念に問題を解きほぐす「リズム」 三脇康生
「一瞬の繊細なやり取り」を核とした非言語的関係性を指向する――著者が思い描くコミュニケーションとは、複雑で多様性に満ちているということである 室沢毅








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約