書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


文学から〈人文知〉を更新する方途を示す――人間と環境をめぐる多角的な思索への静かな促し 中村邦生
人生と芸術の羨ましくも恐ろしい一致はひとつの悲劇である――小説並みの活き活きとした情景描写の優れた伝記 齊藤貴子
ソヴィエトのコンストラクターの理論と実践を考察――ロトチェンコの造形と視覚の革命、その夢の軌跡 室生孝徳
異界からの声、太古の記憶を手繰る――手文庫に閉じ込められた三つの物語を解き放つ 井出彰
創業八十年の老舗居酒屋の物語――京都・西陣の地で変わらず続けてこられたのはなぜか 村木哲
被災者の心のケアの大切さ――救援活動従事者にもストレスは残る 萩原信彦
精神病者の作品を五千点以上集め、その芸術的価値について論じる――「人間の芸術創造とは何か」という普遍的な問いに貫かれた、エネルギーの交差の場 知足美加子
岡崎京子ガールズの「禁句」――岡崎京子展「戦場のガールズ・ライフ」(@世田谷文学館、3月31日まで) 睡蓮みどり
人間は陶酔によって組織され、機械の夢を見る――世紀転換期におけるモデルネの「政治の美学化」の諸相を論じる 吉野実
吉本隆明の最後の一年間の、すべての発言をおさめたドキュメント――1948年に書かれた「詩と科学の問題」をはじめ、震災以前に科学・技術を論じた主要な論考や対話も収録 瀬尾育生
戦争を「ひとりひとりの人間の眼」で見据える――「象徴性」は、ある意味、万世一系より恐ろしいシステムだ 植田隆
人および社会がどのように死と向き合い対応するか――刻々と変化する人の死をめぐる論点を広い視野で考える起点となる論集 武井基晃
メディアの本質を突く――30年前に書かれた本書が再び刊行された意味 森達也
鏡のなかの女たち――密室での数時間という物語の設定とは裏腹に、スケールの大きな小説 小川美登里
人がやらないことをやる、その姿勢で研究対象とされることの殆どない分野を追究――じつに鋭く興味深い「女性と読書」の考察でもある 小竹由美子
ネガティヴな祝祭性に抗する――「文化の多様性を拒否するアイヌ民族否定論ではなしえない自律した価値」を擁護する試み 石和義之
明治後半期の絵画史の状況を、美術史と美学、日本画と洋画といった、相接する領域を横断的に分析――取り上げた用語の意味論、作品論、作家論としてもすぐれた研究 植野健造
「共同体」の生命力――ハンセン病療養所における人々の繋がりを鮮やかに描き出す一冊 坂田勝彦
日本共産党は今でも「革命の党」なのか――新左翼活動経験者による「代々木の党」への論戦 山田宏明
薬漬けの精神医療の恐怖――薬への過剰依存からの早期脱却が必要だ 萩原信彦








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約