書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


サバルタンに共鳴し、日本民衆文化に引かれた極太の補助線――曠野に立つ野武士の白刃たる二著 和賀正樹
新たに魯迅を解放する 鼎談 汪暉・丸川哲史・鈴木将久
動きすぎず動かないでもなく、その中間で生き、死ぬことを提案する――ドゥルーズの哲学を三層に分類し、その仕事が再検討されていく 松本潤一郎
現在の困苦的情況へと思いを射し入れている――屹立する大杉栄という〈像〉 久保隆
爆発した時に真実が発現する――こじらせ系女子が、ありのままの自分で、自分と違うものを認める楽しさを愛と呼ぶことができるようになるまでの美しい成長物語 神田法子
映画祭を追体験してポストコロニアルな問題群とぶつかる――通訳・字幕翻訳者の著者の自問=「セルフ・ドキュメンタリー」が顔を見せるユニークな本 石坂健治
ヨーロッパの民俗学研究の一つの方向性を示す――ロシアやスラブ語圏の民話と巡礼霊歌の文献を中心とした分析と、フランスの祝祭と奉納画のフィールドワークを主軸とした分析がなされている 竹山博英
17歳、この危うい年齢――フランソワ・オゾン監督『17歳』 小滝香蓮
フランスでも、原子力発電は黄昏れに向かっている――展覧会の開催が、実は外交のカード切りの問題であるというように、原子力発電をより広いパースペクティブや問題連関の中に置いて理解しようとする 竹内雅文
後世に残る超一流の研究書――想像を絶する壮大な実証研究を、的確でこなれた日本語にした訳者の力量に脱帽 杉田米行
通常の学園ミステリとは一線を画した、異空間めいた作品世界――著者・東川篤哉の作風の特色が顕著に表れた一冊 千街晶之
都市の古層への旅――過去と捻じれながら連接する都市空間のダイナミズムを、鮮やかに浮かび上がらせる 佐谷眞木人
懐疑は形式へと導く――アナトール・フランスを評したヴァレリーのことばは、オークショットの思想の歩みを見事にいいあてている 中金聡
「死者を記憶する共同体」の交響――宗教社会学者・孝本貢の問いを共有していくために 矢野敬一
ワイマール発「贅沢とモード」の伝播―― 一八世紀ドイツ語圏の文化消費の実態を描きだす 渡邉直樹
    
詩と一般読書人との間に開いた深い溝に橋を架ける――現代詩の「外部」を対象とする啓蒙作業に徹する 林浩平
日本の児童文学史に一石を投ずる貴重な一冊――アカデミズムの常識などに惑わされることのない長年の研究成果 野上暁
広く東アジアを念頭に、「術」の思想という統一テーマに取り組む――師匠と弟子のさらなる飛翔を感じさせる論集 古藤友子
不在のものたちがかたちづくる豊饒で自由な世界――産みの苦しみはまた、かぎりない悦びである 八木寧子








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約