書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


正しく食べること、悪しく食べること――「死んだ後の私って、単なる死骸のかたまりなんですか?」 村澤真保呂
“詩人”としての顔を持つ二人の、心に響く言葉の交換――「対話」は即効性はないかもしれないが、だからこそ問題の根源を照射し断ち切ることができる 下沼英由
米騒動の初発地、富山・魚津から生まれた米騒動研究――同地出身の著者の、思いの詰まった書 斉藤正美
東山魁夷作品の魅力の淵源に触れることができる一書――日本画を広々とした場所へ連れ出した、いわば先駆者である魁夷 梶葉子
寺院の動きを捉えた新たな考古学の誕生 上原真人氏インタビュー
「死の光」――あるいは文芸評論の「無限遠点」――再び「言葉だけの希望」が瀰漫しつつある「3・11以後」の世界 生野毅
境界領域の文学研究の好著  
人間の「非‐歴史性」をえがいたカミュの歴史――文芸評論かつ思想史としても読むことができる骨太の研究 香芝典宏
アジア隣国と日本との関係回復のファンタジーを本格ミステリとして描く――極めて現代的な問題意識に貫かれた作品 横井司
この恋は決して安くない――武正晴監督『百円の恋』 睡蓮みどり
世界への視座【UK、ニューヨクーク/北米、沖縄、中東、韓国、スペイン、フランス、スロヴァキア、香港】 ブレイディみかこ、高祖岩三郎、新城郁夫、田原牧、徐勝、渡辺雅哉、後藤美和子、増田幸弘、清原悠
メディアのメルトスルー――異常が普通になっている、「間抜け」な日本 青木理氏インタビュー
ヤヌス神としての石牟礼道子――鮮烈なイメージとことばの力あふれる『苦海浄土』論 岩岡中正
14年下半期読書アンケート ▼14年下半期に出版された書籍・雑誌等の中から印象に残った3点を選んでもらい、50名の方にアンケートを寄せていただきました(順不同)。〔編集部〕
「日鮮同祖論」を唱えた金沢庄三郎の実像に迫る初の評伝――日本と朝鮮半島の近現代史の流れのなかで論じる 三ツ井崇
海外文学・文化回顧2014 伊東貴之、原田範行、長岡真吾、岩本和久、山本浩司、橋本勝雄、國分俊宏、柳原孝敦
落語が持っている深さをあらためて知る――歌舞伎や浄瑠璃がすでに伝統芸能として認知されていた江戸時代に、落語はどのようにして人々を魅了していったのか 山井悟
季節感を失いかけている私たちの日常に染みわたる一書――花への思いにあふれた美しい挿画も出色 皆川燈
「未承認国家」をめぐる攻防――国際政治を見るときに必要な思考とは何か 廣瀬陽子
悪魔の悲哀と反ユートピア――ブルガーコフ劇場の幕が開く 室生孝徳








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約