書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


リアリティに充ちた橋川文三像――「路地裏」まで丹念に分け入ることで成立した充実の書 澤村修治
連歌の妙味に時を忘れる――連歌の復興を願う三人による連歌集 梶葉子
ポップな歳の重ね方――アラン・レネ監督『愛して 飲んで 歌って』 睡蓮みどり
GIと交際していた女性たちの沈黙を打ち破り、彼女たちの声を聞く――占領期の複雑な性現象についての研究を大きく前に進めた、重厚な研究成果 佐藤文香
「魔の熱気」といわれるような過酷かつ濃密な空気――仕事と遊びの境界も曖昧だったにちがいない 荻原魚雷
ナチスとの孤独な闘い――ゲシュタポの様相とファシズム体制の腐敗を、文字通り、完膚なきまでに描き出している 照井日出喜
パスカルの「護教論」における身体の機能を考察――身体の「逆説」的な役割を明らかにしようと試みる 野呂康
運営論一辺倒で邁進してきた「博物館学」の現状に一石を投じる――これからの博物館研究は、この二冊抜きには語れない 金子淳
「自由の国」の報道統制――大戦下の日系ジャーナリズム
分岐点で歴史を見極める困難さ――クロード・ランズマン監督「SHOAH ショア」、「ソビブル、1943年10月14日午後4時」、「不正義の果て」 田辺秋守
日本と朝鮮半島の相互理解のために――貴重なミニコミの復刻合本 高柳俊男
シェリングの哲学と美学の展開を悲劇論を手がかりに追究――根底にある英雄的、悲劇的世界観が現れる 久保光志
自由が出版を生かす――ジャーナリズムが権力批判を忘れてどうする、歴史をどう手に入れていくかが出版だ 井家上隆幸氏インタビュー
河内王朝の解析へと向かう意欲的な論考――天皇制における共同性を射程に入れることの切実さ 皆川勤
デザインには骨太で柔らかな精神が込められている――人間中心の視線でモノやシステムのありようを考察してきたデザイン思想 宮川木末
特定秘密保護法の危険性を小説の形で告発――近未来日本の警察国家化を阻止できるのか 山辺裕之
奇妙な「詩的自伝」――未来革命を幻視するガタリの根源的思想の一変奏曲 杉村昌昭
アメリカ留学、親との軋轢、孤独感――大学の隠微な〝権力システム〟と格闘する主人公の物語 山井悟
論集の愉楽――絶対者としての光源氏を女君の立場からとらえ直し、その相対化を図る 三浦衛
パノラマ的かつ陰影にとんだウィーン文化史――都市の興亡とその相貌をみごとに浮き彫りに 高田広行








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約