書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「川端文学大事典」的大著――川端康成の生活史を実証的にたどり、各時代の作品を個別に読み取り、同時に川端文学全体を俯瞰する 平山三男
「肌色」からみえる精神構造――日本人が抱えてきた問題とはなんだったのか 眞嶋亜有氏インタビュー
セウォル号の惨事が孕む韓国社会の構造的歪みを告発――フクシマ後の日本も「降りられない船」である現実を忘れてはならない 黄英治
ゴヤに見出す主観的なものから普遍的なものへの通路――ゴヤの芸術を啓蒙の水脈に位置づける 増田哲子
未来主義の呪縛から脱出する出発点を与えてくれる書――未来に対する閉塞感を払拭するには、私たちと未来との関係を考えることこそが必要 菊池哲彦
映画が持つ、人と人の関係を惹きつける力をあらためて感じる――三人の映画人の「夢」の始まりの場所、巣鴨撮影所 村木哲
岡本かの子のテクストを、新しいステージに立たせた果敢な一冊――時代のコンテクストを導入・分析し、「描かれた女たちの実相を浮き彫り」にする 寺田操
私たちがどれほど幸運な惑星の上に生きているかが実感できる――地球の営みをこれほど徹底して解説した本にお目にかかったことはない 池内了
奥行きある近代日本の教育学の世界を開示する――代表的な教育学者四人の学問的営為を追究し再構成 平田諭治
ハイデガーは西洋の哲学の歴史をどのように読み換えたか――伝統を遡行し、従来の理解を解体し、隠れた可能性を探るハイデガーの試み 菊地惠善
もう一つの声で語られるプラグマティズム史――このテクストの背後には深い屈服の経験が沈められている 那須耕介
四川には現代中国史を知る上での様々な舞台が揃っている――日本人にはあまり馴染みのない「塩井」についても紹介される 金子民雄
傷としての言葉――言葉の換喩的な使用によってしか語り得ないような出来事に直面している 野村喜和夫
ヘーゲルの宗教哲学を今日に問う問題提起の書――神を問題にすることは、すなわち人間を問題にすること 香芝典宏
包括性と個々のレベルの高さが群を抜く論文集――外国小説の「うざさ」はおじさんの楽しみである 川島健
「現れつつある生のかたち」を地図として描く――フーコーの生権力・生政治論が自由自在に援用される 粥川準二
凄惨な歴史をも真正面からとらえる、シリアスで骨太な大作――シリアの過去百年あまりを題材とした、自伝的要素も濃い大河小説 松永美穂
「理念と現実のズレ」とその矛盾を理解可能なものにする――素朴な経験を活かして調査した、読みやすいニューギニア民族誌 栗田博之
赤い大公――ハプスブルク家と東欧の20世紀  
明治維新史の形成史はどのような特質を歴史的に刻印されてきたか――日本の近代史学の展開過程を踏まえたうえでの考察 麓慎一








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約