書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ジョイス文学の「肝」は何か――『ユリシーズ』と『フィネガンズ・ウェイク』における様々な読みの可能性を探求 道木一弘
「異邦人」とはわたしであり、あなたである――中津留章仁作・演出、劇団民藝公演『異邦人』(2019年9月26日~10月7日、@新宿紀伊國屋サザンシアター) 田村景子
戦後ドイツはユダヤをいかに想起したか、ポピュラー音楽の視点から光を投げかける――当事者へのインタヴューも盛り込んで歴史をあぶり出した労作 黒田晴之
思考の脱植民地化に向けて――本書で探求される形而上学的転回は、エピステモロジーを取り巻く閉塞感の打破と結びついている 中村大介
鎮魂譜としての評伝――もっとも近いところに居た者でなければ知るよしがない折口信夫の姿がいきいきと描かれている 小川直之
日本の伝統社会における豊饒な信仰世界の森のなかへ――「心意」のありようを様々な禁忌や呪いを紹介するなかで探りだす 村上大輔
五・四運動より百年、革命の源流と内実を読みやすく紹介――日本会議的なものが否定する反植民地主義の源流を知るために 岡和田晃
詩人の姉妹がウェイリー源氏に挑む――源氏原文を置いて見比べれば、ウェイリーの戻し訳としての姉妹訳の優秀さがわかる 藤井貞和
身体論や感性論の現代性をめぐって豊かな着眼点、着想、論点がちりばめられている――現代にまでいたる哲学上の中心的テーマを扱う、思考のヒントにみちた書 小林信之
現場の葛藤や興奮を雄弁に伝える――コービンの立候補が大きなうねりとなっていく様子を、内部の視点から活写 乙部延剛
「さしすせそ」だけではない、女子の「たしなみ」――その変容を文化史から解明する 眞有澄香
社会調査で浮かび上がる現代日本仏教の課題――「一般の」僧侶や檀信徒を取り上げる 寺沢重法
時代の別の顔――映画、文学、思想を中心に複数の分野を横断し、フランス本土の変化と脱植民地化の動きをパノラマとして見せる 太田悠介
「マルクスの環境思想」の問題設定――マルクスにおける主義批判と環境危機の克服との結びつきが示される 浅川雅己
社会教育史を新たな視点から捉えなおそうとする試み――近代日本の社会教育と映像文化の関係を幅広く論じる 上田学
映画の新たな愉しみ方――映画撮影における照明(ライティング)の表現技法から映画史を読み直す 板倉史明
報道する側だけでなく、わたし(たち)が自らの感性を信じて、角度ある視線を投射するしかない――「事実を確認することの重要性を認識する」べきだ 室沢毅
作家が育った二十世紀前半のバルバドスの社会状況が反映――今年はカリブ海の翻訳小説の当たり年だ 大辻都
古典ダンジョンは何度でも甦る――「ファンタジーにおける迷宮の悪意」を巧みに再現したと言える作品 高橋志行
「接触と境界」の中国現代文化史――関心の広さから優れた都市メディア論の書とも読める 神谷まり子








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約