書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


国家権力の掌握を目指さない闘争へ――既成の左翼イデオロギーとはかなり異なる、バディウの「共産主義」 中村勝己
甦る自分にとっての〈はじめてのマルクス〉――「そもそものはじめは紺の絣かな」(安東次男) 難波裕太
「目に見えるものしか見ようとしない」現代――フロイト『文化の中の居心地悪さ』の現代版としてまずは読まれるべき本 松本卓也
現代作家は死なずして――科学者・発明家ニコラ・テスラについての伝記的小説 昼間賢
司馬遼太郎の陥穽をつく――痛快な本で、溜飲を下げた 室沢毅
科学技術へのたゆまぬ「勇気」こそ――21世紀のいま、こんなに楽しく読めるとは 瀬名秀明
村木源次郎という存在を運動史の中核に浮かび上がらせる――現在いちばん求められるのは、村木源次郎のような存在ではないのか 久保隆
「安らかな社会の幸福」を探求した游日龍――驚嘆すべき「戦場日記」が収められている 植田隆
ユダヤ哲学者の難解な思想を解説した興味深い本――科学哲学・分析哲学者パトナムの近代ユダヤ哲学入門書 村岡晋一
日本エスペラント運動の汲めども尽きぬ豊饒な泉がここにある――国家や民族の違いを越えて繋がるエスペランティストの系譜を読む事典 室生孝徳
市民社会と宗教的なものの絡み合いをあざやかに解きほぐす――近代フランスの多様な相貌を浮かび上がらせた著作 小倉孝誠
安倍政権は退場せよ――特定秘密保護法は、究極の欠陥法 海渡雄一氏インタビュー
繰り返される「差別と棄民」の政策――原発事故から何も学ばない安倍政権 山田宏明
ライチョウの生態についての貴重な報告――個体数減少を食い止める抜本対策が必要だ 山辺裕之
「エビデンスにもとづいた柔道事故の実態把握」の欠如を厳しく指摘――武道必修化の動向が、ある意味で柔道事故を「見えなくさせてしまった」のか 倉石一郎
韓国・朝鮮映画の「青春」そのものといった趣きを感じる――草創期から日本統治時代の終焉までの韓国映画史が書かれた書物 門間貴志
国家が直面してきた人種とジェンダーをアメリカ文学はどう描いてきたか――多くの国内外の先行研究をもとに分析するスタイルには説得力がある 君塚淳一
一次資料の丹念な探索に基づく優れた研究――戯曲本の書き込みの綿密な検討が著者の真髄を示す 小林章夫
このマンガ、読みました?2013年マンガセレクション 永田 希
晩年に至った大江健三郎が「希望」を語ることの意味――自作への「注釈・自己批評」が分かりやすく展開される 黒古一夫








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約