書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


追悼 秋山駿――どこまでも問う人でありつづけた秋山駿 「社会性」のかけらもない秋山駿の言葉で自分を支えた 井口時男
東日本大震災が宗教界に突きつけたもの――現実の「苦」を前にして宗教者の役割は何か、に留まらず、教派とは、「公共性」とは、という点まで広がる問い 北村敏泰
純粋なアイデアの成就――存在様態としての批評のプロセスを体現している 影山裕樹
「大統領」という記号のグローバルなありようを示唆――初版から十年余を経て、現在のアメリカを見据えながら増補・再刊された書 大久保譲
「語り」の本質の探究を、国語学的なアプローチで試みる――文法=国語学の問題に総力を挙げて取り組む 林浩平
宮澤賢治をめぐる評論集と写真集がコールサック社から刊行 編集部
マン父子を軸に二〇世紀前半のドイツ文学の精神史を読む――ドイツ保守主義、汎ヨーロッパ、民主主義理念の相克と紐帯 川上登
翻訳家として知られる著者がえがくモラリスト・カルダーノ――自伝を介して占星術へのこだわり方や夢分析の数々を明らかに 根占献一
「都市に生きる鳥たち」の観察の記録をもとにして著された書――見慣れたツバメの、知らなかった生態を知ることができる 植田隆
「手仕事の美意識」に照明を当て、欧米のデザイン理論への影響を考察――運動の成立と展開を仔細に論述した、デザイン史研究における古典的著作 藪亨
朝鮮戦争の根本原因と実相を検証し、日本の役割を問う――朝鮮半島での戦争状態の継続が東北アジアのあらゆる出来事を規定 黄英治
虫が愛おしくなる――アクティブに行動する著者は「虫愛づる姫」と呼ぶにふさわしい 山井悟
女性原理とパレスチナ映画のミューズ――ロレーヌ・レヴィ監督『もうひとりの息子』 石坂健治
クラブ・カルチャーの人、ボリス・ヴィアン――『うたかたの日々』を映画化した『ムード・インディゴ』は、デューク・エリントンの曲が豊富に流れる「デューク・エリントン映画」になっている 対談 野崎 歓、菊地成孔
フランスにとってのシャルル・ドゴール――「国父」の事蹟を客観的に等身大で描いた詳細な評伝 小窪千早
東西ヨーロッパの交差点に開花したモダニズム芸術運動の諸相を探る――冷戦後の視点で、世紀転換期から両大戦間期の“中欧”をテーマに論じた本格的研究書 吉野実
画面にみなぎる不穏さが、甘美な官能に反転する――危険で陶酔的な眼の媚薬 干場達矢
生きることは、「ああ! めんどくさ!」――ブラジルとは何かということも浮かび上がる小説 安藤哲行
オリジナルを凌駕するリメイク映画の快作――ブライアン・デ・パルマ監督『パッション』 久保田和馬
寿命と社会環境への独創的なアプローチ――病院や薬より大切なのは社会環境 萩原信彦








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約