書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


まんがが得意、飛行機好きの少年の115通の絵手紙――手紙には家族のこと、望郷の念が書かれている 名取弘文
哲学は日常から立ち上がる――影さす街角を、自分の影に怯えながら歩く体験から生まれる思想 川瀬雅也
出版界というリアルな場所――人と人との関係は、不思議な縁で繋がったり広がったりするものだ 山井悟
サダと二人の女性の性と生の軌跡――考証と想像力、表現力によって生み出した小説 三嶋寛
重要なのは、描く「楽しさ」――誰にでも想像力の翼が広げられる楽しい本 宮田徹也
「パラドックス」の観点からドゥルーズ哲学を論じる――非人間主義的ドゥルーズを描き出す古典的研究書 小倉拓也
「ヘイトスピーチ」と戦いつつ「表現の自由」を守るにはどうすべきか――番組「ニュース女子」などの問題を「フェイクニュース」との関連で論じる 伊藤高史
看護師が世界最幸職種だ――ベテラン看護師が予期せぬ入院で得た新しい視点 大野秀樹
誰もがもつ「ヘイト」という感情にあらがうために――「単純化」の応酬に陥らないように、近現代史で多くの悲劇を生み出した三つのヘイトを並べる 柳原伸洋
口語りの実践の〈場〉がもつ固有の力――話し手や聞き手の意識感覚に刻みこまれた「郷土」 佐藤健二
ジャコメッティの芸術を現在進行形で見続ける――「晩年のスタイル」への再考を促す論考 井原慶一郎
心的イメージを生み出す想像力――一つの仮説を粘り強く、さまざまな角度から検証 中尾央
七人が世界を救う――民衆の知恵と笑いがたっぷりつまったロシアのむかしばなし 寺村摩耶子
希代の日本語使いによる極上のエッセイ集――文学が好きで、小説を読むことをとおしてたどり着いた道 木村朗子
9条改憲だけで戦争する国は完成しない――生き残るための現実的可能性は「非暴力積極平和主義」 疋田京子
私たちは再び徳を取り戻すことができるのか――共同体主義的な徳倫理学を学ぶために最適の一冊 佐藤岳詩
サリンジャーは人生を賭けていた――作家、人間としてどのように生きるべきか 乗代雄介
アメリカの大学スポーツを統括するNCAAの腐敗の実態を明らかに――学生スポーツの純粋な発展の視点と学校経営目線の打算的思考とが入り乱れる 佐藤国正
私たちが元気になろうと決心し行動することが重要だ――身心一体科学は身心がもっている「すごい力」をイノベーションに繋げる科学だ 大野秀樹
定義することで、新しい哲学を生み出す――「ありふれたものの考え方を変える」、という啓蒙の哲学的実践の意味の一端を描き出す 井柳美紀








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約