書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ポエジーを潜在させながら、夢幻のアナーキー的世界を描出――山田勇男監督『シュトルム・ウント・ドランクッ』 久保隆
日本文学って なんでできてる?――わが国におけるアイルランド文学受容史を体系的にまとめ、考察した大著 佐藤亨
当たり前のことを自らを喚起する力にしていく凄さ――ホーキングの初めての自伝 黒川類
動かぬものと動くもの――いうなれば一種の「建築アクション小説」 佐々木敦
「無意識」だった消費者も、福島原発事故の苦しみの責任を負っている――福島の、被害者の苦しみ、そしてそれに抗う人たちの姿が描きだされる 満田夏花
大災害と障がい者の救済のあり方――東日本大震災と原発事故の教訓のレポート 萩原信彦
脱原発の公論形成のために――年表型データベースの構築、さらにその先へ 舩橋晴俊インタビュー
「日本」解体新書であり、国民国家の解体新書――『過去は死なない』と対をなす歴史原論 成田龍一
映画的感性の鋭さと年齢には相関関係がない――第67回カンヌ国際映画祭レポート 大和晶
伊福部昭再評価の機運――伊福部音楽が持つ普遍性を理解できる三冊 久保隆
ヒズブッラーを軸に国際政治のダイナミックスを描き出す――中東情勢に関心を持つ幅広い層の読者にとって有意義な著作 小副川琢
チャベス政権の在り方を知るうえで重要な事実を示す――「ジャーナリスティック」な情報提供だけでなく、理論的な分析も必要となる 小倉英敬
もう一人の「生活する主体」でもある子どもたち――まっすぐ子どもたちに向き合い、丁寧に語りを引き出す 好井裕明
本格的な「美術批評」が復権する機運となる書物――「彫刻」でなければならないものを論じる 宮田徹也
「大衆の心性」の〈底〉にあるものとは――〈日本近代演劇史〉からふるい落とされた舞台の演者たちに光を当てる 井上理恵
「入門」にして「本格派」のガイドブック――既読作品でももう一度読み返し、確認したくなる隙のないセレクション 下沼英由
現代の喧騒を忘れさせるノスタルジィ――パヴェウ・パヴリコフスキ監督『イーダ』 久保田和馬
病者に依存する健康な社会――注意深く読めば読むほど、奇怪な世界がより堅固に構築されていく小説 神山修一
中華ナショナリズムの原像をさぐる――三人の同時代の変革者の思想的軌跡をたどり比較検討 小林武
政治参加という古典的なテーマに新たな手法で挑む――多様な研究手法を用いて検証される政治参加モデルは説得力を持っている 稲増一憲








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約