書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


子どもたちのやりとりのセンシブルさがじつに清々しい──子どもたちの心の奥底にあるものは今も昔も変わっていない 山井悟
従来のポジションを超えた共同性の創出──IT技術を駆使した世界規模での目標達成の新しいやり方 萩原信彦
ボール表紙本における「言語の揺れ」を浮き彫りに──明治期の日本語表記における多用な有様を解析 黒川類
東洋と西洋の懸け橋だったシベリア鉄道の歴史を照射──日ロの友好交流・相互理解を目的とした新しいシベリア鉄道の旅に期待 井上春樹
大地震による出会い、結納、破談、やがて、再び「春」が訪れることの予兆──静謐な筆致は、人と人との間に滲む微妙な心の揺れを見事に伝えている 村木哲
二〇世紀ソ連・ロシアを生きぬいたメドヴェージェフ兄弟の類まれな回想録──文学的香気に満ちたまことに魅力的な歴史ドキュメント 高田広行
日本人には「敗戦処理」を行なうことができない──井上淳一監督『戦争と一人の女』 田辺秋守
少女は掃き溜めできらりと輝く──格差社会のなかで、救いのない子供にとって、救いの手が 茅野裕城子
「本そのものの声」がここに──参加者総計200人強、他者との相克を克服することで真理を追究する〈討論〉の実践の記録 徳宮峻
新たな辻まこと像を照射──今まであまり語られなかった人間関係のスクープがあるのも著者の努力の賜物 柴野邦彦
福島原発事故の衝撃が、封印してきた心の闇を破った──1970年代の新左翼運動に沈殿させられてきた犠牲者の人間性回復の歩み 下沢喬
江戸時代の多彩な庶民像が浮かび上がる──視覚ばかりでなく、嗅覚聴覚そして皮膚感覚まで刺激する史料 氏家幹人
イスラーム文化の裾野の広がりと豊かさを教えてくれる──多くの概説書では扱われないテーマや議論が豊富に紹介されている 小田淑子
「声なき動物たち」からの抗議の声を知る──動物保護は主義の成熟度を測るバロメーター 山田宏明
ギリシア神話、聖書、西欧文化政治史などの背景を知れば、オペラはより味わい深くなる──すでに文学や絵画に親しんでいる方々にとって、オペラの敷居は思った以上に低い 上川修史
「自己媒介する抽象的労働」の支配下にあるモダン──物象化論系譜の包括的なマルクス更新作業 田畑稔
文学と美術の葛藤、「ペンと絵筆」の戦い──社会学を援用し、旧来の美術史の方法論に一石を投じる結果にもなった 山本敦子
「生物多様性の保護」についてわれわれはどのように考えるべきか──身の丈の意識からの自然保護や環境問題への対策を提唱している 黒川類
手作りのカヌーに乗って完遂する「海のルート」をめぐっての物語──手作りで鉄器を作るところから始めていくことに驚嘆 山井悟
椿を通じた日本と欧州との「知られざる交流」──出島から欧州に渡った椿と、それを「仲介」したスウェーデン人学者の「秘話」 萩原信彦








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約