書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「懐かしさ」は複雑だ――「懐かしさ」は、「ポジティブなもの」と「ネガティブなもの」が混在する「複合的感情」である 初見健一
瓜子姫物語を底部に江戸後期の遊女の生涯を描く――今年1月に亡くなった坂東さんの円熟の作品 井出 彰
アメリカ史を塗りかえるのに一役買ったとさえ言ってよい三姉妹――アメリカが独自の文化と社会を形成しつつあった時代 飯野友幸
市川房枝の戦時協力の軌跡を膨大な資料を駆使しながら克明に跡づけた力作――フェミニズムがくみ取らなければならない教訓は、ずっしりと重い 広瀬玲子
19世紀フランスの風刺画家グランヴィルの生涯と作品を軸に、当時の出版文化をたどる――画家グランヴィルの関心は、表情を通して人間の内面に迫ることだった 柏倉康夫
「だが、草森は見える」――自由な書法の全面開花とも、衰亡の記録とも読める二重性をもつ長編エッセイ 四方田犬彦
ひとりの研究者の歩みに見る新たな領域の軌跡――これからの女性学・ジェンダー研究の糧となる貴重な著作 伊田久美子
ヴェールとしての哲学――一つの極北、「最善の」ニーチェ解釈 須藤訓任
言葉の裏を読め――「読む」ということの窮極の価値とは何か 菊地信義氏インタビュー
「個人的なことは政治的なことである」――フェミニズムの実践とそれぞれの軌跡を重ねて理論化 堀江有里
民主主義の主体になり続ける――デューイの民主主義理論を現代型に 藤井千春
上半期アンケート 笠井潔、三浦哲哉、新城郁夫、安田敏朗、井川博年、井口時男、金森修、加藤一夫、郷原宏、大澤聡、古賀徹、荒川洋治、斎藤貴男、細見和之、坂野徹、崎山政毅、天野知香、中金聡、藤沢周、四方田犬彦、小松美彦、小倉孝誠、阿木津英、小倉英敬、天笠啓祐、小森健太朗、青木孝平、川村邦光、上村忠男、船戸満之、野上暁、川本隆史、高橋敏夫、飯城勇三、竹中佳彦、塚原史、鶴見太郎、島谷謙、布野修司、澤田直、中村邦生、柏木博、鈴木一誌、石原千秋、福本英子、佐藤泉、巽孝之
正義がもつ二面性を考える――ルーマン派、デリダ派、あるいは両者を「超克」しようと試みる野心的な読者にとっても、きわめて大きな意義をもつ 馬場靖雄
日本・ポーランド関係史研究に新たな視座――梅田良忠とはなにものだったのか 渡辺克義
「国家のイデオロギー装置」から「国家の記号装備」へ――ミクロ政治の内在平面にとどまることが闘争の絶対条件 廣瀬 純
虚構の真実、真実の虚構――「マルボー」という架空の人物を一九世紀前半のヨーロッパの芸術家や貴族の社会に象嵌した小説 冨重純子
政治的な側面から文学における近代化の意味に迫る――ジャーナリスト仮名垣魯文とその一派の評価の再検討に向けて 土屋礼子
仏教を立体的に捉え直す 末木文美士氏に聞く、初の総合的エンサイクロペディア、『仏教の事典』(朝倉書店)
秀吉の出自に焦点をあてる――自由で自在に、歴史空間を誘う著者の思考の発露によって、いつの間にか、「知的な人物像」としての秀吉に親近感を覚える 村木 哲
「異なる世界」を欲望するために――〈思想=活動〉としての哲学へと誘う、初期リオタールの連続講義 星野 太








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約