書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


あらゆる人々の「身体とは何か」を問い直す――身体のイメージと物質性が錯綜する状況を考えるにあたっても示唆を与える書 後藤𠮷彦
氷室冴子の継承と作家像のアップデート――明確な使命感と豊富な熱量を帯びた一冊 山中智省
女性の語り、女性の歴史、そしてカタルーニャの戦後に生きるということ――ロッチの文学世界は何から何まで「カタルーニャ的なもの」の集合である 山道佳子
主権的権力を焦点に現代思想を読み替える――動物に対する戦争をいかにして停戦にもちこむことができるか 土佐弘之
大文字の国家暴力を告発――垂れ流される偽情報に対しファクトを突きつける地道な作業を省略するわけにいかない 佐藤泉
司書を目指す人だけでなく、経験の浅い司書には必読の教科書――人間力を発揮できる環境が図書館にはある 川崎安子
歴史教育はどのように寄与できるのか――高校生だけでなく高校歴史教師をも念頭に置いた語り口で書かれている 石井正己
森里海、山と平野と海、これが生命の「水」の循環でつながっている――人間や動物、生物だけが、この世界に生きているわけではない 村木哲
専門領域を超えて創作活動に励んだディレッタントたちの実相を捉える――「オタク」という愛好家たちの夢とともに、現代人の原像を問うことになろう 小黒康正
「モノ」としての認識枠組みによる「マンガ・メディア」概念の再考に挑む――マンガ研究のあらたな視角を切り開く「コミックス」の形態史 小山昌宏
時宜にかなった一冊――土地の表現としてワインを保護する法的制度の成立と展開をわかりやすく解説する 福田育弘
植物という未知の領野に踏み込む新しい哲学的な知のあり方を示す――生命と世界の関係を正しくとらえるために 伊勢俊彦
ドイツ革命とスターリン主義を跡づけた幻の書――原著刊行から七十数年を経て、歴史的文書がついに邦訳される 香芝典宏
壊れた演劇界の地図と二極化の傾向――2019年演劇回顧 高橋宏幸
細やかな表現分析と、豊かな俳句愛とが同居した、見事な解説――黒澤の筆致には独特のリズムがあり、読者を飽きさせない 髙柳克弘
過去の追憶にその身をまぎれこませるようなやさしい諦念――人の話に耳を傾けること、人の書いた本の頁をひらいてそこに書かれた言葉を読むこと 中条省平
聖者に付与されてきたイメージが持つ秘められた力――無類の映画好きの著者の目のつけどころはさすが 井上順孝
欧米の図書館情報学研究の全体像を俯瞰することができる優れたガイドブック――日本の図書館界においても、課題解決のための様々な示唆が得られる 宮原志津子
概念的思考のドラマティックな展開――数論の基礎研究から、論理学の生成・発展を通して、意味論的な研究へ 金子洋之
「企業福祉」研究を社会科学的な分析へと昇華――働き方、労使関係、企業内教育、地域社会など多様な視点から体系的に捉える 十名直喜








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約