書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


鉄道敷設して十数年経った初期の頃、人々は鉄道をどのように受け入れていたのか――明治の文人たちによる鉄道の旅を描いた紀行文を蒐集し、路線別に選びわけたアンソロジー 村木哲
印東道子・白川千尋・関雄二編『フィールドワーク選書 全20巻』(臨川書店)刊行によせて  
   
「全体性」を指向する美学に対する不満と抵抗としての『ユリシーズ』――歴史的・文化的コンテクストとジョイスのテクストの関わりを読み解く 道木一弘
被害者に寄り添い公害・労災・消費者被害を調査した研究者の軌跡――「公害」概念を軸に、時代背景と関連させつつ迫った力作 戸田清
遠くまで見渡せ新発見をする、ありそうで無かった病院史――新事実の発掘と最新の研究成果で、さらに読み継がれる本となる 金川英雄
文化横断の旅――問いかけと応答 池内靖子
内外教育文化交渉史という新しい地平を拓く――青木周弼の生涯を丹念に追跡し、新しい解釈を加える 三好信浩
教師は今、何を考えているか――大震災後の教育現場が抱えた問題と教師の格闘 萩原信彦
揺れ動く存在感と魂の行方――「決然とした精神性の奔流」にみる孤独と失意 太田代志朗
“平穏ならざる日々”を活写――夏目鏡子の潔さのようなものは、そのまま孫娘にも受け継がれている 皆川勤
詩への強いこだわり――本書の詩篇は、自己の救済を願う著者による祈祷の実践といえるかもしれない 林浩平
哲学的なテクストの翻訳とはどうあるべきか 高田珠樹氏に聞く、M・ハイデガー『存在と時間』(作品社)新訳をめぐって
人々の信念を呪縛する物語の力――冤罪を生み出す残酷な社会的プロセスを明らかにする 石田慎一郎
「八百万の神」を感じさせるような、人為を超越した風景に、ページをめくる手が止まる――自然へ、そして写真への我々のまなざしを変容させる、不思議な時空の旅を経験させる写真集 小林杏
追悼特集 ガブリエル・ガルシア=マルケス 木村榮一、旦 敬介、寺尾隆吉、川村 湊
東日本大震災の衝撃から見える現代文明の問題――「宗教」と「死者」をめぐる省察が切実に求められる 島薗進
書砦のごとく壮観な、脱原発の土台となる資料集――クロスカルチャー出版から『伊方原発設置反対運動裁判資料』第二回配本・全三巻が刊行  
民俗学者の枠を越えて立ち上がる宮本常一 ――世間師にして経世者の面目躍如 和賀正樹
「リアル社会」の問題性の切開をまずはじめていかなければならない――スマホ時代の子どものトラブルや悩みは、大人にも多く起こっているのではないか 宗近藤生








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約