書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


イタリアSFの最先端――イタリア本国でも高く評価され、傑作SFに与えられる〝イタリア賞〟と〝カシオペア賞〟を受賞した小説 北原尚彦
技術理性批判の可能性――重大な原発事故が勃発したにもかかわらず「想定外」の一言でスルーされかかったことを、忘れてはならない 森一郎
類型論的な形態学を展開したモノグラフ――「加入礼」を主題として包括的に考察 奥山倫明
「一瞬の繊細なやり取り」を核とした非言語的関係性を指向する――著者が思い描くコミュニケーションとは、複雑で多様性に満ちているということである 室沢毅
東アジア世界に共有されるべき歴史認識とは何か――今日の歴史学習の課題を、ほかでもない日本の歴史教育史から鮮やかに描き出す 梅野正信
「ここはどうなっているのかわからない」と書く勇気――性急な断罪ではなく、丹念に問題を解きほぐす「リズム」 三脇康生
一九二〇年代前半のベルリンに生まれたロシア人たちの「文化共生」――「トランジットのベルリン」の芸術表現の諸相を紹介 高田広行
あたたかい「土」が、雪が降りつづける「海」が、あるかぎり――いやおうなく、さびしさが横たわっていると感じないわけにはいかない 久保隆
小山田浩子は怖い――徹底した麻痺状態とダイナミズムの停止が描かれる 武田将明
脱原発を志向する人のための貴重な出発点――福島の脱原発運動の歴史から読み取れる、苛酷事故への必然的な道程と、かかわってきた人たちの無念さ 竹内雅文
病気にならなければ感じることのできなかった幸福がある
ネット社会の「猛毒」から子どもを守るには――親子の対話と、制度的規制が不可欠だ 山田宏明
震災、ジェノサイドを「感じる」ために――今日の東アジアは何らかの危機に向かって進んでいるように思えてならない 丸川哲史
これまでに類を見ない「読む仏教事典」――新しい学説や見方も大胆に採り入れた平易な記述で、日本仏教の流れを鳥瞰できる 蓑輪顕量氏インタビュー
「過去への謝罪と補償」の現代世界史――あるいは、和解と癒しなき賠償の政治学? いらだち吐露する進歩主義者の弁 松原宏之
一般均衡理論を特殊ケースとして包摂する新たな経済理論――累積的な相互作用を生み出す模倣原理を提起する 原田裕治
愛は決して自己完結などしない――アブデラティフ・ケシシュ監督『アデル、ブルーは熱い色』 小滝香蓮
老後もひとり暮らしが快適――「独居」をエンジョイするノウハウを豊富に紹介 山辺裕之
イヌイットのナビゲーションを在来知のひとつとして記述し、分析した労作――現代のイヌイット文化に関する新しい視点からの独創性ある研究 岸上伸啓
3・11後の「現在」へ、思想のゼロ地点から――果敢な思想的時空体験とそれに関する容赦のない自己診断の書 添田馨








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約