書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


他文化圏の狐伝承群とは様相の異なる西洋中世の狐叙事詩──オランダ語作品を新たに翻訳紹介した訳者の功績は賞賛される 松村一男
カラヴァッジオへの飽くなき探究──マルタ島、シチリア島のさりげない描写が光る 小林英樹
月であることと、月という名で呼ばれていることは別次元──沖縄をめぐる言説への軽妙だが痛烈な風刺も 喜納育江
独特の「ナポリ的処世術」──ナポリ人の性格を戯画化しながら自ら演じている語り手のユーモアが作品の魅力 橋本勝雄
キング博士とともに歩んだ黒人解放運動の思い出──対話によって「暴力的対立」の克服を 萩原信彦
たとえ小さくとも、取り替え不可能な存在が救済となる──私たちが生きている世界の至るところに起こる奇跡 松田青子
闇夜と光彩のあいだに──「相反するものの一致」を体現した、総勢11名の多種多様な論考からなるアンソロジー 今村純子
中心にどしんと在る、大きく温かな父性──音楽が鳴るその詩には、豊かな多義性がある 小池昌代
「ロックの秘密」を暴く──平たく物を言うのは、何も言わないのと同じだ サエキけんぞう
従来のトートロジー論の躓きを論証し独自の哲学的考察を展開する──二つの洞察を出発点にトートロジー論を再構成し、言語学における「謎」を問う 山口裕之
日本の将来を誤らせないために「橋下現象」の再考は不可欠──「トリック・スター」政治の本質を知識人が抉る 山田宏明
自己メディア論から見たメディア社会──「同人」の領域についての新たな考察にも期待したい 松本恭幸
エッセイ形式の特徴を活かしきった批評のダイナミズム──「弱い思考」は遠く離れた相異なるものに類似性を見いだす 上野俊哉
深く主体的に読み込み、会得すること──主体的関心をもって読まない限り、キルケゴールを読む意義はない 山下秀智
反原発!──一般市民が負う「義務」は、原発政策にきちんと反対を表明すること 野間易通
水を飲むように古典の魅力を味わえる──赤猪子を「新しい女」と定義した著者に拍手 皆川燈
被写体としての平田は優位であった──「演技の裂け目」を撮りたいという試み 高橋宏幸
複雑にして単純な哲学者──「刷新され徹底されるべき現象学とは何か」という問いが、ミシェル・アンリにおける「生」と「自己」の問題に根底的に関わっている 本郷均
シニシズムへの処方箋──現在の日本においては、「ユートピア的衝動」の水路を具体的にどう引くかが真の問題ではないか 藤田直哉
終わらない過去・終わらせない過去、重い課題を背負った記念碑の歴史──数百点の図版とともに、初めて日本の読者に提示した労作 大原まゆみ








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約