書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「平凡への意志」を軸に柳田の全体像を描く――時代状況の中での実像をバランスよく位置づけた労作 川森博司
人間本来の姿を考察するために――「戦後前衛美術」研究の価値とは何か 宮田徹也
地獄の入り口の前に広がる街で、終わりの始まりには終わりがない――野戦之月テント芝居公演「二つ三つのイーハトーブ物語」第二部「木偶ウーボの振り子」(2019年10月19日~22日、@東京・矢川上公園) 行友太郎
「都市」と「文化」というテーマへの知的な探究の出発点となる一冊――バラエティに富む事例の紹介をとおして都市における多様な文化のあらわれが語られる 笹島秀晃
どこでもない、あの場所への旅――映画館建築史を語りながら、映画館という場所を訪れつづけてきた無数の人々の心理をも探っていく 角尾宣信
ヨーロッパの豊饒なイメージの伝統が凝縮された書――古典や聖書などの典拠を利用しつつ所有者の「英雄的」な姿を誇示している 今井澄子
あるべきシビリアン・コントロールとは何か――統制強化論からの脱皮をはかる精緻な分析 武蔵勝宏
アートプロジェクトの軌跡を記し、可能性を拓く!――本格的な実践的研究書兼体系書 吉田隆之
物理学者とは何をする人か?――学界の要職を歴任した著者による研究の舞台裏を明かす回想録 伊藤憲二
「すべてを語る」ことをもって「ルソーの方法」とみなすことができるだろうか――文脈から切り離された「方法一般」について論じることは可能か 坂倉裕治
金武湾闘争の生存の思想・運動から近代をとらえなおす――いま、何かに取り組んでいる人や運動に参加している人にこそ、本書を手にとってもらいたい 大野光明
流行小唄を支えたメディア環境――「流行歌を介して民衆と社会とが繋がりえた時代」を描き出す 菊池哲彦
和声論の歴史的変遷を体系的に概説――「ハーモニー」と「和声」を使い分け、従来の教科書的和声理論と一線を画す 木村直弘
「本当の祗園祭」を知るための優れた一冊――過去を踏まえながら現在を捉える独自の視点 佐藤弘隆
社会運動に対立を越える連帯を求めて――現在の国内外のさまざまな抗議運動や抵抗運動でも参照されていい一書 木原滋哉
柄谷行人に文学は回帰するか――本書のスタイルは理論の書というよりむしろ現代詩である 大澤真幸
「受容の活性化と、将来的な展開」というあらたな賢治理解の位相を提示――戦時下から、敗戦後の「教科書」における賢治受容の有様に焦点を当てる 久保隆
すべての顔を負った「パブロ・ピカソ」――どんな証言よりも淡々と、生々しさをともなって展開 町田つかさ
兵士の主観的な占領体験――膨大な日記や手紙を含む、豊かな史料をもとにえがく 土屋由香
日本の占領政策と関わった対日協力者――その政治構想を明らかにし、選択肢の意義と可能性を検討する 三好章








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約