書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「毒虫ザムザ」として書くこと/語ること──恩寵に抗って現代の作者たらんとした作家、中上健次 井口時男
高い資料的価値を持つ、十年を越えるチベット滞在の記録──運命の岐路に立つ現在のチベットを知るもっとも良いテキスト 金子民雄
「道徳哲学」の構造と意義を包括的に読み解く──ルソーの倫理思想と政治思想の整合的解釈をめざす 坂倉裕治
なぜ日露戦争で日本は勝ち、ロシアは負けたのか──「国民」形成をキーワードに両国を比較考察した、スタンダードな新研究 池田嘉郎
地域住民と国家とのはざまで──駐在保健婦活動のオーラルヒストリー 山田富秋
福島の女性たちの「生の声」集大成──原発全廃実現への強い執念と現場での格闘 山田宏明
北朝鮮強制収容所の経緯と過酷な実態を告発──囚われている二〇万人への思いを込めて強制収容所廃絶への道を示唆 河田 宏
邂逅をめぐる物語──詩人でもある著者から見た人たちは、みなやさしい佇まいを持って描像されている 村木哲
善悪の彼岸に浮上する人間性の奇怪さ──著者ならではの圧倒的ストーリーテリング 千街晶之
真の「温故知新」を実践するためには何が必要か──死者の無念の声に耳を傾け、忘れないことを原点に 井上春樹
藩主側室の強い意志──藩主継承という血統遵守を強いられる女性たちの悲哀を浮き彫りにしていく 黒川 類
一九五〇年代日本の映画と時代の新たな一面を提示──画面の細部に対峙し、そこに立ちあがってくる時代のざわめきを読み取る 十重田裕一
「案外広い」パンケーキの世界──パンケーキは、今後、日本人の食生活にもっと馴染んでいくはず トミヤマユキコ
地域へのこだわりと国境を越えた普遍性──優れた作家への理解を深める重要な一冊 奥主榮
言葉、この不可解なもの──ド・マンを正面から読み直す好機が訪れた 巽孝之×土田知則
地道なフィールドワークによって、日本の矯正教育がもつ「底力」のみなもとに迫る──少年院は現代日本における学校の合わせ鏡である 倉石一郎
哲学者としての山本信の本領は、まさに教育の現場でこそ発揮された──山本の業績と生涯を明らかにすべく、教え子たちが敬愛の念をもって編纂した刺激的な論集 野家啓一
21世紀デザインの兆し──不自由さを自在さにまで仕立てあげるデザイナーの「塩かげん」 佐々木正人
細部と全体とが不変であるようなフラクタル──実証的手法と美学的手法の両面性が見事 中村三春
豊饒な〈ノヴェル〉の世界と言語表現のダイナミズムを堪能──時代的にも地域的にも縦横無尽なイギリス小説研究の「見取り図」 原田範行








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約