書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


宗教学という分野を越え、アカデミズムそのものの死を宣告するような書──野心的な「脱領域的研究」を追究していく必要性 佐藤弘夫
悲しみより祭りを!──まさしく「元祖インディーズ」である若松孝二のクロニクルは、変転しながら『キャタピラー』まで一直線であった:追悼 若松孝二 鈴木義昭
「物語の着地点はどこか」という異色の謎を孕んだ本格ミステリ──宙ぶらりんな状態のまま迎える、驚くべきクライマックス 飯城勇三
父の戦死と妹の原爆死を想い、百回忌に向けての執念を燃やす──詩活動による反戦、非核平和の運動に力をそそいだ詩人 有馬 敲
豪奢きわまりない織物──人間を人間たらしめるなにか、人間を人間として定義するなにかを問い質す 笠井 潔
流罪の汚名と戦った会津藩の人々の物語──藩主も含め旧会津藩の幹部たちの足跡を辿っていく 村木 哲
原発マフィア、原子力村への一市民の告発状──あきらめずにおかしなことを「おかしい」と言い続ける持続力が、日本社会を揺り動かす力に成長しつつある 山田宏明
現代に召還され、警鐘となる「創造的無差別」という独自の根本思想──ナチスを逃れ、パリで逝ったカント主義者の思想と生涯 菅沢龍文
資本主義と民主主義とのあいだの矛盾を前提にしたファシズム論──議論が直截でありながら、安易なイデオロギー的還元は許さない 山下範久
震災復興の現場に求められる情報の地道な発信と共有──中山間地域再生モデルの種火を見つけ出す栄村ネットワークの活動 図司直也
グローバル時代のアジアの大学改革を展望する──独自性や地域性を活かしつつ、どのように人材を育成するか 川添聡史
ツバメのいのち、ツバメのきずな──東北のしずかないなかで本当に出会った光景のお話 大津孝次郎
いまだかつて誰も書いたことのない「恐怖小説」──徹頭徹尾、理詰めで考え抜かれた「恐怖」が駆動する 佐々木 敦
「レヴィナスを読むこと」の意味──レヴィナスの哲学を「病理の哲学」として捉え直す 藤岡俊博
俳句という新しい詩の創造のため、奮闘し苦悩した孤独な詩人の姿が浮かびあがる──芭蕉の世界に真摯に向き合うことを私たちにつきつけてくる力作 皆川 燈
文化人類学的視点で概説した良質の巡礼学入門書──比較宗教学、民間伝承、奇跡譚などにも言及 関 哲行
元裁判官が語る「事実認定」の難しさ──「逆転無罪」判決になった事例を丹念に説明 萩原信彦
「なぎの原」から朝鮮人犠牲者の骨は掘り起こされた──関東大震災での虐殺事件を記録し考える若い世代の貴重な試み 西崎雅夫
電力文明に立ち向かった異議申し立ての行動記録──時空間を超えて生き続ける「暗闇の思想」の原点 米田綱路
「時代を通過する魚雷」の神話が解体されていく──近代美術館のあり方について多くのヒントを示唆 白川昌生








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約