書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


グラムシ思想の「永続的価値」の所在を明らかにする試み──『獄中ノート』解読における深さには疑問符がつく 鈴木富久
「3・11」以後の社会を生きる「未来者」へ託された小説、『死靈』──『死靈』がどのようなメッセージを提示しているのか明らかに 黒古一夫
近代デモクラシー創出の原点を学ぶ──「国家構想をめぐる運動」の歴史的教訓 三輪智博
デイヴィッド・リンチを翻訳して──増刷した今だから言えること 草坂虹恵
絶滅収容所跡を豊富な写真・図版と文章で解説──唯一の公式日本語ガイドによる本格的ガイドブック 桜井裕三
「翻訳の鬼」の遺著へ捧げるオマージュ──須山静夫の敬虔な熱意と、持続的な集中力 後藤和彦
紙を武器としたデザインで安楽に抗う──弱さこそが紙の貴重さであり重要さ 戸田ツトム(聞き手・赤崎正一)
数十年後の海外文学界の様相に想いを馳せる──現代日本に生きる私たちが抱く苦しみや悲しみが、遠い異国で生きる人々に共振するという不思議な感覚 寺村さくら
「世界文学という視点」から芥川文学を見直す──人間芥川への深い共感に貫かれている 細川正義
珍しい衣装、布地の多彩さや変化をカラー写真と詳細な説明で紹介──衣装というものは、人あって初めて存在するもの 金子民雄
本来は二人だけにとりかわされる秘め事をのぞきみるスリル──「一通の間違いメールから始まる」見ず知らずの男女の真剣な「遊戯」 天沼春樹
モリス社会主義を、混迷する現在に位置づけ直す意欲作──「共同体社会主義」は「究極の近代」IT社会を超えられるか 半田正樹
「対照」民族誌で終わらずに、「比較」民族誌となるために──二つの牧畜民をとり囲むグローバルな文脈への目配りの必要性 松井 健
謎かけの人ブランショ──文学は、現実の写し鏡ではない 安原伸一朗×郷原佳以
ケンブリッジにまつわる言わば森羅万象を大胆に取り上げる──当地での日常生活の裏技も軽妙洒脱なタッチで語られ、飽きさせない 川成 洋
近代文明、国家や権力に対する違和や批判を明確にかもす──観光化された南の島、沖縄イメージを、見事にくつがえす 渡邊英理
イタリア政治におけるパーソナル・パーティの台頭について分析する──冷戦終結後の日伊の政治改革の共通性ゆえ、日本政治を考える上でも参考になる書 後 房雄
放送大学叢書刊行と3つのエピソード──本を媒介にした思考と行動の輪をさらに広げたい 松村祥子
「狂犬」あるいは荒ぶる神のごとき英雄──多数のヴァージョンが存在する伝承文学アルスター・サイクルの原テクストに最も近いと思われる写本を丹念に英訳 佐々木美和
美しく死ねないという枠のなかで死について考える作品集──「除外例なき死」の淵からかろうじて生還した著者の深い魂の存在と切実 堀江朋子








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約