書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


何故いま、ここでボイスか。――若き若江漢字がボイスの足型を取り、作品として昇華させる発想を酒井忠康が支えた過程が軸となってボイスの思想の本質に迫る 宮田徹也
原発という虚妄の存在へ、憤怒をもって発する言葉たち――戦争と原発事故によって、生涯、二度までも「ふるさと」の地を追われた著者 村木哲
「政治の両義性」と、主権の「領域性」に着目――ポピュリズムに帰着しないラディカル・デモクラシー論の論拠を提供 山本圭
戦争と困窮の時代に生死した兄弟の苦闘と愛の記録――農民の悲惨さを代弁した二・二六事件青年将校たち 来栖宗孝
「エートス」とは何ものか――原子力発電は、人類文明が到達した最大級の倒錯の一つ 竹内雅文
近代日本数学史の「謎」、岡潔に迫る――日本伝統文化をこよなく愛した数学者・岡潔の労作伝記の完結編 佐々木力
前へと進んでいく力が湧いてくるメッセージ集――人と人との関係性を自分の方に手繰り寄せることが必要 黒川類
ルサンチマンの集合体としての在特会運動――従来とは違う排外主義の抜本的解消が必要 山田宏明
映画ではない「戦艦」ポチョムキンを描く――あの「オデッサの階段」は実際の出来事ではなかった 皆川勤
それでもなお、教育の理想を追う――きのくに子どもの村の学校には、宿題がない、テストがない、チャイムがない、そして「大人の給料に差がない」 名取弘文
マルクスがマルクスにならねばならなかったもっとも深い根拠――「非ユダヤ的ユダヤ人」の系譜の重要性 高橋順一
現代の懐疑論、不可知論を突破するヒントとしてのアルベルトゥス・マグヌス哲学――ヨハネ・パウロ二世から中世へ、トマス・アクィナスからエックハルトへ 小林剛
絵画のみで1940年代を一貫して語ろうとした大胆不敵な試み――神奈川県立近代美術館葉山館「戦争/美術 1940―1950」展 池上善彦
間に薄い膜が張られた「偽母子」の、ふたつの痛み――他に類をみない異様で恐怖に満ちた作品 稲葉真弓
巨大な巻貝装置に幻惑されて――壮麗な世界体系に故実珍説を鏤めたキルヒャーの独壇場、トロンプ・ルイユ式バロック劇場の如き書 松本夏樹
極めて現実的な問題の暗喩化が、ファンタジーとしての深さをもたらす――少女と“エルフ”による春探しの冒険の旅 黒川類
別の世界は、なお可能だ――新自由主義的グローバリゼーションのさらなる拡散に対し、どこかで歯止めをかけなければならない 久保隆
テクストの細部の立ち上げを迫力たっぷりに実践した「砂の女」論が出色――分かり易く説かれた専門的レベルの問題と議論を心行くまで楽しむべし 関谷一郎
いまヘーゲルから、精神が奪われようとしている――忠実に『精神現象学』のテキストをたどっているかのようでありながら、このテキストの中にスピノザ、ニーチェ、ドゥルーズ、そしてドゥルーズ/ガタリを組み込んでいく 大河内泰樹
俳句の本質的説得力はイメージと深く関わる――一巻全体が「戦没画学生慰霊美術館 無言館」をテーマにして成った句集 大井恒行








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約