書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


系譜学の手法を用いて根源から問い直すネオリベラリズム批判の書――分断されるわれわれが「社会の全体性」を取り戻すための「ユートピア的テクスト」 高田実
戦争は愚かだ――変わらず、変われず、幼稚な国・日本 山本宗補
言語活動と言語素材の両面から、日本語教育に有用な情報を提供し、「スタンダード」を提示――本書の登場で、日本語教育は確実にひとつ新たなレベルに到達した 庵功雄
妖怪たちとともにいざ、「民話」の世界へ!――ゆとりを失いつつある現代に怪談の愉しみを 常光徹
外部からの視点の重要性を再確認――外国人もしくは海外で専門教育を受けた日本研究者の視点から被災地の現状と課題を分析する 中村尚史
マルクス復権への貴重な第一歩――現代最高のマルクス解説者による社会理論・政論の邦訳 佐々木力
歴史の弁証法の限界を明らかにし討議の弁証法の可能性を示そうとする試み――ヘーゲルの「歴史の哲学」とシュトラウスの「政治哲学」を対置し、近代性の危機の乗り越えを図る 柘植尚則
比較民俗学の一つの拠点ができた――日本人の民俗文化を旧石器まで遡り、アジア全域へとひろげて捉えなければならない時が到来している 下野敏見
経済学史は学生をいかに教育しうるか――現実と向き合う人間の姿勢が問われる 諸泉俊介
変化する身体と思惑――妊婦の感覚にリアルに寄り添いながらも、一人称で書かれた主人公・ゆり子の思考の流れが貫かれている 東直子
比較民俗学の一つの拠点ができた――日本人の民俗文化を旧石器まで遡り、アジア全域へとひろげて捉えなければならない時が到来している 下野敏見
断絶感という切実さ――未知の時空は、誰にでも等価に訪れてくるものだ 室沢毅
「国際社会」という幻想――覇権国アメリカの凋落が日本人の世界認識を変えていく 関曠野
ロックが幸福だった時代の最後のアルバム『レット・イット・ビー』――自分たちでロック史をなぞり直していたビートルズ 石崎一樹
失われたものや別れたひととの記憶が、暗闇の中の灯台のように自分を照らす
「動機の語彙」概念からミルズ社会学の全体像を浮き彫りに――「公共」と「ミルズ」を現代的な問題意識のもとで繋げる 阿部潔
明治から昭和の精神医療史が大きく飛躍する原動力――一般の人が精神病をどう見ていたかを、新聞から分析した労作 金川英雄
日清戦争に先がけて起きた抗日農民蜂起の朝鮮革命戦争――日韓の歴史認識の溝を埋めるために、いま読まなければならない本 河田宏
現地の住民に会わなければ、真実はわからない――不死身ではなかった水俣学提唱者、原田正純の遺言対話集 大野秀樹
制度としての大学への批判的・歴史的そして知的なアプローチ――いま必要なのは「一般教育」の縮小ではなく、その再定義である 岡山茂








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約