書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


私の痕跡がない私の家は、「わたしの家」なのだろうか――私たちが自明と考える“私”と居場所や室内や家との関係の限界 若林幹夫
過去ではなく現在、未来の「戦争」を考えるための教科書――未知の領域が既知の領域へと変じていくダイナミズムを味わえる 大原祐治
幻想であるはずの「炎」の風景は、意外とわれわれの近いところに――描写された風景のなかではばたき生きる主人公と物語の「神話的な深み」 小林広一
科学批判の目を――昔の高度成長に還れと言っても、そうはいかない 中山茂
モンゴル人の血でもって中国の植民地支配を告発――植民地支配の犯罪を傍観することはそれへの加担であると教える 柴田哲雄
哲学史におけるドゥルーズの本格的受容の里程標――邦語ドゥルーズ論のなかでも特異な位置を占める 松本卓也
〈いま、ここ〉から新たに原爆問題に向き合おうとする研究者の呻吟が聞こえてくる――「調査する」という営みへの批判的まなざしが貫徹されている書 好井裕明
最後の吉原芸者が見せる「ホンモノの芸」を追いかけて
現代社会に依存する「講」研究の可能性を追求した論文集――先学の諸説を縦横無尽に吟味し、多角的視点で「講」の今日的動向に切り込む 西海賢二
新たなコロポックル論、北千島アイヌの歴史学の着実な構築――ラッコの毛皮の交易との関わりを丹念かつスリリングに探る 川村邦光
社会は生命体である――お利口に生き残ろうなんて思ってはいけない:有明双書(武久出版)刊行によせて 栗本慎一郎
制度としての大学への批判的・歴史的そして知的なアプローチ――いま必要なのは「一般教育」の縮小ではなく、その再定義である 岡山茂
ルワンダ大虐殺という想像を絶する苦難のなかで得た信仰――内戦のすさまじさが明らかにされる 萩原信彦
奇想の弾ける小説――奔放な企みに満ちている 中村邦生
拝啓、司法長官殿:スウェーデン発、ヨナス・ハッセン・ケミーリ氏からの手紙 ヨナス・ハッセン・ケミーリ (翻訳・岡本小百合)
オペラは高価な道楽でなく、時代を厳しく批評する劇薬――演出による「読み替え」が、現代世界の孕む様々な歪みをあらわに 上川修史
壁の集結する結婚式に共にふるえて――語られ、綴られた物語としての一頁一頁が、ナレーターの肌(壁)であるかのように、読む私たちに訪れる 海埜今日子
隠れた思想家の時代をこえた思想的生命の探究――単なる科学的観察者にとどまらず、有機的知識人の一人として未来を切り拓く実践に関わろうとする気負い、時代に切り込もうとする緊張感が、今も伝わってくる 平等文博
ことばは生き物である――豊富な資料と数多くの現地被験者にたいする綿密な調査に支えられながら、韻律研究の新しい地平線を切り開いている 高演義
マニ・ホイール・ロールズ!――「神話化された二十世紀=世界の終わり=ハルキ」に全力の返歌を書き続けてきたとも見える古川氏の力篇 丹生谷貴志








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約