書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


泡鳴が抱いた「新しい女」への夢──泡鳴・清のジェンダー力学の分析という横軸に、両者の生育環境の把握という縦軸も加えられた重厚かつ用意周到な論考 大久保典夫
東洋と西洋の懸け橋だったシベリア鉄道の歴史を照射──日ロの友好交流・相互理解を目的とした新しいシベリア鉄道の旅に期待 井上春樹
大地震による出会い、結納、破談、やがて、再び「春」が訪れることの予兆──静謐な筆致は、人と人との間に滲む微妙な心の揺れを見事に伝えている 村木哲
オートロジーを理解するだけでなく、実践させられる書──手軽な手引き書という外見に反して、きわめて高度な「Opera Aperta」 馬場靖雄
日本人には「敗戦処理」を行なうことができない──井上淳一監督『戦争と一人の女』 田辺秋守
現代社会におけるスティグマの正体を暴き出し、精神医学の在り方を問う──医療全般や公衆衛生、教育や福祉などの立場からアンチスティグマを論じる 水野雅文
「本そのものの声」がここに──参加者総計200人強、他者との相克を克服することで真理を追究する〈討論〉の実践の記録 徳宮峻
イスラーム文化の裾野の広がりと豊かさを教えてくれる──多くの概説書では扱われないテーマや議論が豊富に紹介されている 小田淑子
文学と美術の葛藤、「ペンと絵筆」の戦い──社会学を援用し、旧来の美術史の方法論に一石を投じる結果にもなった 山本敦子
「自己媒介する抽象的労働」の支配下にあるモダン──物象化論系譜の包括的なマルクス更新作業 田畑稔
福島原発事故の衝撃が、封印してきた心の闇を破った──1970年代の新左翼運動に沈殿させられてきた犠牲者の人間性回復の歩み 下沢喬
新たな野生の(音楽をめぐる)思考の必要性──現在、最も重要であり非常に稀な取り組み、態度、視角が読み取れる好著 東琢磨
ギリシア神話、聖書、西欧文化政治史などの背景を知れば、オペラはより味わい深くなる──すでに文学や絵画に親しんでいる方々にとって、オペラの敷居は思った以上に低い 上川修史
仄暗い恐怖と恍惚を描いた物語──稀代の物語作家として絢爛たる実りの秋をいよいよ迎えつつある皆川博子が、一九七〇年代に手がけた単行本未収録作品を蒐めた一冊 東雅夫
「声なき動物たち」からの抗議の声を知る──動物保護は主義の成熟度を測るバロメーター 山田宏明
九州の地からも反原発の声があがる必然──長崎、水俣、筑豊、多くの棄民が生み出されてきた九州 金平茂紀
手作りのカヌーに乗って完遂する「海のルート」をめぐっての物語──手作りで鉄器を作るところから始めていくことに驚嘆 山井悟
椿を通じた日本と欧州との「知られざる交流」──出島から欧州に渡った椿と、それを「仲介」したスウェーデン人学者の「秘話」 萩原信彦
吉本隆明の反・反核、反・反原発論への批判を一貫して軸にした吉本論──吉本死後に出てきた有象無象の吉本論とは位相が違う 植田隆
「生物多様性の保護」についてわれわれはどのように考えるべきか──身の丈の意識からの自然保護や環境問題への対策を提唱している 黒川類








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約