書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


ブラジルに移民した「日系人」を巧みな文章表現で綴る「文字のドキュメンタリー」――日本の「生きた歴史の証言」「移民の断面像」を照射した、現代史についての貴重な書 山田宏明
「ぼく」が一種の悟りに到るプロセスを描く〈小さな小説〉――「風刺小説(サティール・メニペ)」の現代版である第二部が白眉 鈴木雅雄
「批評」の抱えるジレンマがリアルに浮かび上がる――二人の音楽評論家がブログとメールで論争を繰り広げる、往復書簡形式の小説 下山静香
3・11以後の危機の時代を生きる私たちに響く「今日の神学的実存」から発せられた言葉――反ナチズムの教会時代の中心として活躍した時代の論考一〇篇を収録 香芝典宏
新たな思索の始まりへ――何かが始まるためには、何かが終わらなければならない 森一郎
カント的リベラリズムの理論的再構築――カントの法哲学・国家哲学を超越論哲学の枠内に適切に位置づける 加藤泰史
自由と共同性でドイツ観念論と現代の問題状況を繋ぐ――「負荷をもった自己」の「プラグマティックな実践理性性」 杉田孝夫
隠れた思想家の時代をこえた思想的生命の探究――単なる科学的観察者にとどまらず、有機的知識人の一人として未来を切り拓く実践に関わろうとする気負い、時代に切り込もうとする緊張感が、今も伝わってくる 平等文博
真理生成のメカニズムに真正面から切り込む――多様な先行研究を引き継ぎつつも、生成という観点から、真理の生成とドゥルーズの哲学を結びつけるなど独自性が高い 三宅岳史
初心者をホーソーンの夢と現の世界へと揺曳する羅針盤となっている――現代の科学の行き過ぎに警鐘を鳴らす 入子文子
日本のアニメの独自性と多様性――アニメの物質性、そこから生まれる「動画の力」という観点からアニメーションの固有性を考察している 西村智弘
現代を生きる苦悩がにじむエンターテインメント小説――鋭い批評精神で、暗殺の世界を舞台に人間の存在の痛みと矛盾を描く 黄英治
TPPは国家主権の放棄――米国的新自由主義への「組み込み」にノーを 山辺裕之
MI6の比類なき歴史書――絶えず組織防衛に奔走した結果、他国に例を見ない合理的な知恵と伝統を組織内に深く根付かせた 川成洋
【クロスレビュー②】二一世紀の物語を生き、とらえるための視座を提示――物語論としても文化論としても参照されるべき力作 小森健太朗
「黒い太陽」を追いかける――過剰なエネルギーを華麗な文飾で展開させる作品はリアリズムから遠く離れ、神話的な混沌の世界へと読者を導く 中沢けい
テクストの〈変異〉に呼応する読者の〈変異〉を、行為遂行的に生成――小説読解の〈現場〉における著者の格闘と、鮮やかな矜持が刻み込まれている 山本亮介
【クロスレビュー①】圧巻の「萌えの現象学」――批評の正道的な手法に似た形で「アニメ」にアプローチする 藤田直哉
インドネシアと日本の関係に、「アジア主義」が作用したことを証明する――近代日本史の背景にある、反帝国主義の思想と行動 鈴木義昭
「書籍や資料を災害から守りたい」という強い想いから生まれた耐火・耐水ボックス――「ETL20分耐火試験」認定の「ガーディアン」で、書籍や資料の安全管理を:レポート








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約