書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


過ぎし日の「大人への一歩」を思い出す――少年たちの「遊び」の数々や親たちの生活へのまなざしを活写することによって、終戦期における暮らしと風景を浮き彫りにする 山井悟
時代も若かった。山谷も若かった。――一人の少女が渇き、寄り添い、同時に孕む醜悪さを嫌い、疾走した一つの人生 井出彰
神話は相対化され、強化される――ゴードン・ミランをはじめとするイギリスの学者たちの、マラルメ研究への貢献はきわめて大きい 岡山茂
「葉山嘉樹」という問題――現代、新たに読み直されるべき作家 柿谷浩一
「台所」から見えたナチスの矛盾――「公衆食堂」が今後の面白い一つの拠点になるのではないか 藤原辰史
後世まで残る名訳――まさしく書物は、それぞれに運命を持つようだ 田中博明
赤軍首脳に対する大テロルの背景を解明――ソ連史上最大の謎に迫る重要な一書 室生孝徳
高群逸枝・関口裕子の婚姻史研究と格闘し、新しく奈良時代の婚姻論を打ち立てる――「結婚」とは何かというテーマのもと、母系家族説を全面的に批判し、双系制説を打ち出す 明石一紀
残酷な政治の中で生きる人間を文学はどう描けるのか――国家テロによって破滅させられた青年が、悶え苦しんで勝利者に:金石範が語る、長編小説『過去からの行進』 金石範
「近代」を「近代のまなざし」によって眺めること――「写真」「指紋法」「知能テスト」を、同じ土俵にあげて論じた点は魅力 橋本一径
ろうそくのゆらめきから生まれた一冊――すべてが完璧で間然するところがない古川氏の朗読 郷原宏
激動の時代を生きたヘミングウェイ、その作品と人間像の新たな面が見えてくる――『ヘミングウェイ大事典』(勉誠出版)刊行によせて 島村法夫×今村楯夫
「成人儀式」としての冒険物語――一つの小説が「冒険小説」と「哲学小説」の二重構造になって同時に進みはじめる 石井光太
「山宣」の「反骨」精神を日常という文脈から照射――激動の時代を生きたひとりの女性の記録が現在に問いを投げかける 堀江有里
世界最長の口承文学――こなれた翻訳によって、活き活きと再現されたゲセルの世界に引き込まれる 貞兼綾子
イメージは一様ではない――一般的な「北海道らしさ」を超えた「らしさ」が 藤田直哉
「導きの星」としての、民衆の自己統治というデモクラシーの根源的ヴィジョン――今日の政治理論の諸潮流に関する浩瀚な知識と理解がいたるところに散りばめられている 千葉眞
食品の放射能汚染と安全基準についての包括的考察――「安全神話」がここでも混乱を助長した 山辺裕之
根源的な場を共に紡ぎ出していく場としての、女たちのテント――テントは立派な思想の言葉をもって、そこに立っている 竹内雅文
よく理解されていない共通番号制の解明――権力にすり寄らないフリーならではの書 清水雅彦








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約