書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


古川日出男氏インタビュー──朗読劇「銀河鉄道の夜」で第2回東北ツアー開催へ 古川日出男
高校では教えない戦後史の系統的理解を鋭く展開──脱線やアドリブ部分にも自由で個性的な話題と知恵があふれる 神津 陽
日本にいて日本人にカメラを向ける現実──これから来るかもしれぬ想像を超えた惨状に大きな警告を発する 鈴木義昭
借金なんて返すな!──人間に対するもっとも深い不信を「信用」と呼びならわす世界とは 矢部史郎
情報収集目的のためのFBIによる極秘侵入手法には驚きを禁じえない──「9・11事件」以後、FBIも変わっていった 川成 洋
何をもって「エジプト」とするのか──革命への道程のなかで、激動の一九四〇年代を中心とした時期の共産主義運動を扱う 鶴見太郎
人権論の「語り」と「聞き取り」──「沈黙する人権」の前で講壇人権論は沈黙すべきか 駒村圭吾
アメリカ映画的ヒーロー像の追求が「理想の生」、「理想の未来」──まさしく自伝的長編評論 皆川 勤
「心の仕組み」を通して、極めて現在的な問題を考える──「心理学」のテキストながら、一般の読者にも有意義 黒川 類
語られることのなかった記憶こそが、貴重な財産──時間と沈黙の豊かさを証明してくれる、極上の小説 石川美南
琵琶湖と地球の再生の一助となることを願って著された一書──環境汚染問題は、視点を変えて再構築していかなければならない段階にある 宗近藤生
「生きる」ことを「より良く生きる」ことへと繋いでいかなければならない──震災は危機だった。そして危機こそが私たちに何かを告げ知らせた:『震災学』創刊によせて 佐々木俊三
グローバル化の現代に詩の本来の姿が息づいている──申庚林の詩業全体が良く練られた翻訳で見渡せる画期的な詩選集 佐川亜紀
湯煙の歴史に根ざした、〈記憶の継承〉──発行者、コレクター、都市史・建築史の専門家が三位一体となって作り上げた一書 中山士朗
本の力で被災地に元気を──出版文化産業振興財団(JPIC)が取り組む読書支援活動・古川日出男氏インタビュー 編集部
終わりの時の輝かしき愚行──哀切なユーモアを乗り移らせた翻訳 大宮勘一郎
明治時代は百年前に完結した歴史では決してない──明治天皇に関する画期的著作が刊行 茅島 篤
土崎版『種蒔く人』を紐解く──地道な調査がなされた研究書ではあるが、非常にわかりやすく丁寧に書かれていて、資料的価値もある 須田久美
映画が描く「女性」への視点が鋭さを増す一冊──著者が映画へ向けるまなざしは一貫して「生を見つめる」もの 堀江 耕
アメリカのヒーロー・ヒロインたちが走り続けている道を描き出す──「疾走」をキーワードに、アメリカ文化を領域横断的に網羅する試み 吉国浩哉








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約