書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


超マニアック・ガイドブックにして哲学本――ひたすら音そのものに迫った執念が楽しい本 古屋隆
ヨーロッパ諸国の脱原発運動の裏にあるものを浮上させる――なぜドイツは脱原発に舵を切ることができたのか 鴻英良
絶望的な現場から見えてくる人間の希望――流浪する民を撮り続ける報道写真家の生の軌跡 池田知隆
生きていく上で、本当に必要な物とは何か――まさしく現代社会に一石を投じる本 荻原魚雷
危機の時代に、足元をみつめなおす――現代日本の歴史学界の議論の水準点 小田中直樹
野村恭史を駁す 川崎誠
国学のたどった歴史を概観する――宣長の考えていた国学の系譜と、彼の学問が時代とどう「共振」していったか 浅田徹
甘くない蜜の味、舌なめずりの音に快哉!――本邦初訳を多数収録した中毒性のある短編集二冊 北村薫
沖縄シャーマニズムのダイナミズムを存分に描き出す――沖縄民俗学に留まらない文化人類学的冒険に読者を誘う 櫻井義秀
「近代的野蛮人」ホッブズの軌跡――現在の世界は近代国家の制作の方法を問い始めたホッブズへの回帰を私たちに促している 伊藤宏之
世紀末日本の金融腐敗に切り込んだ調査報道の復刊――本書をめぐる今日の事件で皮肉にも明るみに出たマスメディアの腐敗 米田綱路
人と世界を結ぶ絆の喪失に終生警鐘を鳴らした――もう一度世界に棲み直そうとしたオルソンの一大挑戦 斉藤修三
作家らによるコラムも読みどころ――時を経て膨大な集積を成す児童書のなかから選び抜かれた1001冊に、専門家が解説を付す 諸星典子
齊藤潤一監督『死刑弁護人』 米田綱路
復帰四〇年の沖縄差別――第三の琉球処分とは、日本帝国主義といってよいのではないか 大城立裕
「復帰・40年」、日本国民に問う――四〇年前の記憶を呼び戻すことから始めなければならない 新崎盛暉
沖縄と日本との溝は今が一番深く広い――日本の国会や政府はあてにできない 目取真俊
復帰から40年がたっても、平等な扱いにはまだまだ遠い――意見広告に、ヤマト日本にある「米軍基地県外移設反対キャンペーン」の一端を見る ダグラス・ラミス
日本国家のあり方を問うことから出発しなければならない――念願の東アジア共同体の形成に全力を傾注すること 西山太吉
「沖縄写真」への意志を新たに――あえて写真を沖縄の現場に戻す 比嘉豊光








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約