書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


対峙する、消費する、乗り越える日本のイメージ──中国語圏の三つの地域の映画における日本に対するイメージ形成の差異 門間貴志
フランス文化への「窓」をしつらえる──多彩な専門分野がクロスする独特な視点が特徴的な事典 塩川徹也×田村 毅
サッカー審判員の「罪と罰」──流されやすく自己中心的な群衆を前にした孤高の哀しみのなかで、崇高な審判哲学を持ち、任務に邁進する 松永美穂
アンチヒーローの独白という嫌な後味をぶち込む独特の作法──実話怪談や狂人接触話から編み出された武器で、「読者を殺しにかかる」 田野邉尚人
いじめから目を逸らせたいお前へ──現行の教育制度の「あたりまえ」を疑わず、さまざまな的外れで些末な「対策」をまきちらすことは、根幹的な原因から目を逸らさせるがゆえに有害だ。 内藤朝雄
馬を川辺に連れて行けても、水を飲ませることはできない──「日の丸」「君が代」の強制に抗い、「ココロ」を守った裁判闘争の記録 井上春樹
命と社会を豊かにするためにあるはずの学問は、その役割を担っているだろうか──従来の技術畑オンリーの工学部では、もはや複雑な社会に対応できない 川成 洋
関電の“策謀”を阻み続けた和歌山県の住民──原発立地ゼロはどうして実現したのか 山田宏明
「台湾」の痛苦と悲哀、一九四九年への/からの軌跡──外省人の故郷喪失と流浪の境涯を活写したベストセラー 伊東貴之
村山知義の、五十数年の軌跡に迫る論文集──アヴァンギャルド芸術ではない、幾多の遍歴と屈折を経験している演劇人村山 菅 孝行
西欧中心主義パラダイムの転換を希い、ネイティヴの知を拓く──デリダの徹底的な基盤主義否定と通底する、峻厳な近代批判 勝方=稲福恵子
作家の真実はあくまで「ことば」、そんな基本に気付かせてくれる──生涯やエピソードを織り交ぜながら、わかりやすい解説が施される宮澤賢治入門書 山下聖美
歴史を書き、語るのはわたしたちでなければならない──部落解放の従来の運動史観を塗り変える、解放的可能性の主体を抽出 原口 剛
清廉で優婉な筆遣いが、世の底辺で生きた人間の不屈の命脈を今に繋げる──古き素朴なものへの無類の偏愛 福田信夫
生きることの美しさにあふれた一冊──厳しい問題にも踏みこんでもうひとつの片身(=半身)も見せてほしい たかとう匡子
自分自身の思わぬ潜在意識が引き出される刺激的な一書──拡張された視線を射し入れていくことこそが思考の有様である 黒川 類
ゲーム世界を小説世界に仕立てる試み──若い著者による手慣れた会話描写、入り組んだプロットをまとめた筆力は、次作への期待も抱かせる 荻原信彦
被「曝」の記憶を代償に得たのが「原子力の夢」だったのか──新鋭が原爆と原発の戦後史を諸言説から綿密にたどる 瀧本往人
「ジェンダー政治」の視点から家族と福祉レジームの再編過程を分析──国会議事録や市民団体などの諸言説を丹念に渉猟した労作 北 明美
平田篤胤の書物の展開に着目し、江戸の知性のあり方を解明する──史料を積み重ね、平田篤胤に対する従来の見方を越える新たな研究 吉田麻子








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 下戸の夜
(本の雑誌編集部下戸班編)
2位 ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー
(ブレイディみかこ)
3位 東京凸凹散歩
(大竹昭子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 一切なりゆき
(樹木希林)
2位 未来の地図帳
(河合雅司)
3位 ノーサイド・ゲーム
(池井戸潤)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約