書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


福島県飯舘村で生まれた自家焙煎珈琲店の歩み──原発震災をくぐった店の希望と再生の記録 新庄孝幸
アウシュヴィッツ以後、悪の問題との格闘の系譜学──新しい悪に応答する人間の、意志の自由をめぐる考察 香芝典宏
一休さんの少年期の淡い思いを瑞々しく描く──鬼伝説をモチーフにした物語 山井悟
鳥瞰視線から自分を見ることによって、死者たちの像が見える──酩酊が足りない、だからこれからも暮尾淳の詩世界に酔い続けていく 久保 隆
気鋭の神経科学者ネルソンが体脱体験と臨死体験を探究する──最新の生理学や脳科学の知見を動員し、謎の最奥に挑む 石川幹人
読者の知的快感を最高度に刺激する──啄木短歌作品の見慣れぬ姿の連続に目を瞠り、ミステリーにのめり込むような高揚感をもって読者はページを繰ることになる 國中治
デモが高揚した時代は救援運動の時代だった──反原発を牽引した夫・水戸巖の遺志は蘇る 水戸喜世子(聞き手・小嵐九八郎)
写真をめぐる多様な「経験」を社会関係の中で問い直す──伝統的な写真史と一線を画する視点から写真史料研究を論じる 吉田成
これからを生き延びるための「やさしい知」とは──デザインのアヴァンギャルドの視座とその本質的な価値 影山裕樹
非日常という日常──「文革」の息吹と異邦人の「眼差し」 伊東貴之
沈黙を破れ──原発が廃炉にならない限り、「起承転転」の状態は続く 和合亮一
「3・11」と「崇高なもの」──人間の倫理に関する著者の信念が提示される 加藤敏
殺人の動機が「分からない」ことと「無い」ことは同じではない──ドキュメンタリー映画を観るような臨場感があり、読み応えは抜群 濤岡寿子
描く女/描かれる女──現在を生きる私たち自身の眼差しと戦争の記憶を問いなおす 池内靖子
ヒトラーの東方支配構想の温床を探る──東方志向はどのようにして生まれたのか 高田広行
科学的な心理学の手法を用いて解離現象を明らかに──新たな解離の理論を提唱する、実験心理学者ヒルガードの代表的著作 佐藤淳一
反世界の意志をもって読者に迫る──「無類の想い」の積み重ねによって本書の魅力が成立 谷口基
フロイトは、反復が継続することを望んだのだろうか?──モーセとフロイトの関係という問題を、類書になく深く掘り下げる 新宮一成
コリョサラムとチェチェン人のディアスポラの地を旅した記録──カザフスタンのニガヨモギの薫りに、私たちの「ホット・スポット」を予感する 米田綱路
〝朝鮮近代音楽の父〟の生涯に迫る──洪蘭坡は植民地朝鮮に西洋音楽を根づかせ、伝統的な大衆歌謡やジャズに光をあてた 朴燦鎬








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約