書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


境界、反復、遍在――『聖』から『仮往生伝試文』へ 安藤礼二
生きるというのは苦しいこと。 それでも傷つけた身体は、生きろという――塚本晋也監督『KOTOKO』 奥浜レイラ
私的世界が輝いていた時代――子どもや夫婦、家族や家庭を主題とする美術作品の歴史的な位置を明確にする 尾崎彰宏
詩の力、俳句という器の「宇宙生成的な」力を信じたい――その小ささゆえに「内部と外部をつなぐための方法」となりうる俳句 皆川燈
極めて明快なアメリカの覇権戦略批判――サブプライムローンによる経済危機を予見しているかのような情況分析 久保隆
挫折に満ちた死を契機に語られるある反植民地主義者の物語――赤裸々なまでに男性性を礼賛した文学 久野量一
今は、楽しい話が読みたい書きたい――何が正解かはわからないし、答えなんかないんじゃないのと思うことは増えている 伊坂幸太郎
ウィトゲンシュタインとソシュールの言語理解からヘーゲル、マルクスへ――テキスト間の対応から「論理についての深い結びつき」を見出す書 徳増多加志
戦後の呼んだ奇蹟――吉本隆明は、これからの時代を拓く不可欠な存在として、現代の親鸞になった:追悼・吉本隆明 芹沢俊介
メディアに埋もれてしまいがちな私たち自身を救う契機、メディアアート――私たちがメディア状況を計りなおす尺度としての「ヴィデオ」の必要性 瀧健太郎
中越地震・中越沖地震の被災者と被災コミュニティの経験をたどる――女性が力を十分に発揮できる環境づくりが急務 宗近藤生
漂流し、憑依する〈笑い〉という毒/薬(ファルマコン)――愉快な「詐欺文学」のテクニックを渉猟した書物 鈴村和成
いまアドルノを読むことのアクチュアリティ――アドルノの初期思想を理解する上で欠くことができない四本の論文を収録 古賀徹
9・11前夜までの情報戦をリアルに描き出す――エンドレス・ゲームに陥ったアフガン戦争 金子民雄
まさに「集めて編む」「編んで集める」の実践――こんなにカッコよくて、こんなにおもしろい編集入門書ははじめてだ 永江朗
現実になった「原発震災」――さらなる失敗を重ねないために 泊次郎
共和国を維持しつつ合意形成を模索したチェコスロヴァキア民主制の特質――戦間期の中欧で誕生した民主主義の内実を明らかにする、日本初の本格的研究 高田広行
都市文明の光明に抗する「暗闇の思想」の狼煙――3・11以後の今日にこそ読まれるべき記録作家のことば 川上登
「革命(サウラ)」の力――政変に至るエジプトの歴史を、「サウラ」の系譜として、エジプト人の視点に寄り添いつつ、とらえる試み 渡邊祥子
サイバー空間の迷路での若者たちの戦い――隙だらけのセキュリティ、国家を乗っ取るサイバーテロも 山田宏明








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 本当の翻訳の話をしよう
(村上春樹、柴田元幸)
2位 天皇陛下にささぐる言葉
(坂口安吾)
3位 漱石全集を買った日
(山本善行)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 今こそ、韓国に謝ろう
そして、「さらば」と言おう
(百田尚樹)
2位 一切なりゆき
(樹木希林)
3位 思わず考えちゃう
(ヨシタケシンスケ)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約