書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


すべてのものがみな平等にうつくしい存在の輝きを得る──生のそばにある死を、淡々と描いて真実に迫ろうとする 東 直子
現在というごく小さな一点に生きる命の必然を記録、刻印する作業──生き物たちのいとなみ、その命のきらめき、紡がれることばの韻律の美しさ 八木寧子
人間の心のひだを丹念に追いかける作風が中国でも広まりつつある──生身の人間どうしの交流が困難な時期こそ、文学による相互理解の意義を再確認 松本健二
2012年ニューヨークの位相──闘争の拡散・浸透・共振:世界への視座 アメリカ 高祖岩三郎
書名の自負にたがわず、最新の現代イギリス情報を提供──イギリス現代史をはじめとして、多岐にわたるわかりやすい解説 立石弘道
どんな状況であろうとも小さな体で生き抜く姿勢──アミール・ナデリ監督『駆ける少年』 小滝香蓮
女性たちの最小の連帯とカップルの再生──内田伸輝監督『おだやかな日常』 田辺秋守
囚われの空間を越えて──2012年演劇回顧 高橋宏幸
ヒューマニズムに立脚した人間分析の集大成──人間存在への洞察より現実の「生」を重視したフロムの貴重な遺稿集 山田宏明
自分の世界観を培い、「いのちの環」をつなぐ世界史──世界史とは何か、どう教えるか。二二年にわたる著者の苦闘の結晶 新庄孝幸
戦争、原爆、戦後を生きてきた二人の女性が交わす書簡の記録──戦争の実像を理解するには、たくさんの人々に直接、実体験を語ってもらうしかない 島田 顕
「宮廷風恋愛」をめぐる誤謬の類を正す──訳者の努力と出版社の心意気にエールを 高田康成
独禁法の誕生と成長、平成の大改正まで言及──法案の制定過程に関しての、他にはない網羅的で詳細な研究 向大野新治
「驚異の年」か、「フツウの年」か?──対立を吸収してしなやかに展開するナラティヴ 海外文学・文化回顧:イギリス 原田範行
ひとつの時代が終わった──〈ブーム〉と呼ばれた隆盛を支えた二大スターが去り、〈ブーム〉以後の世代の活躍が注目される 海外文学・文化回顧:ラテンアメリカ 柳原孝敦
恋愛小説の国──小説を通して過去へと導かれ、さまざまな年代を再発見させられた年 海外文学・文化回顧:フランス 郷原佳以
独立した文学作品としての特質を併せ持つ「想像に富んだ」伝記──これまで不当に無視されていた貴重な一書の決定訳が登場 小池 滋
退却する兵士と語る修道士──スターリン期や第二次世界大戦への関心が高まっている昨今 海外文学・文化回顧:ロシア 岩本和久
2012年下半期読書アンケート 笠井潔、藤原辰史、清原康正、三浦哲哉、安田敏朗、井川博年、金森修、古賀徹、荒川洋治、高橋敏夫、小森健太朗、小倉英敬、上村忠男、青木孝平、塚原史、加藤一夫、島谷謙、坂野徹、竹中佳彦、鈴木創士、郷原宏、崎山政毅、天沢退二郎、天笠啓祐、細見和之、佐藤泉、船戸満之、小倉孝誠、小池昌代、石原千秋、井口時男、阿木津英、川村邦光、野上暁、稲賀繁美、鶴見太郎、川本隆史、巽孝之、中金聡、中村邦生、布野修司、澤田直、柏木博、粥川準二、福本英子、天野知香、藤沢周、新城郁夫
統一によって東独ばかりか西独も消滅したという当たり前の事実──東独出身作家の活躍が目立った数年前とは風向きの変化も感じられる 海外文学・文化回顧:ドイツ 山本浩司








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 ユーカリの木の蔭で
(北村薫)
2位 皆川博子長篇
推理コレクション2
(日下三蔵編)
3位 猫を棄てる
(村上春樹)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 MASK
PATTERN
BOOK
2位 還暦からの底力
(出口治明)
3位 宿無し弘文
(柳田由紀子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約