書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


時代と国境を超える普遍へ――国のシステムや独裁者は嫌いであっても、それがその国のシステムで生きている人に対する偏見につながって欲しくない;ヤン・ヨンヒ監督インタビュー 映画『かぞくのくに』 ヤン・ヨンヒ(聞き手・中村一成)
試してみねば何も始まらない――昔から人は薬草を使い、その効能については近年も見直されている 大津孝次郎
伝統的な芸能に現代人を納得させるリアルさを求める――いまだに吸引力を持つ本格ミステリ論が増補版として再び 横井司
代表制民主主義に関する根本的な問いに正面から答えようとした好著――改革や乗り越えの対象とされてきた五五年体制という戦後レジームの再評価を促す 辻由希
戦後日本の国権回復に関わる安保改定と沖縄返還に枠付けられた60年代日本政治史――ポスト冷戦の視点から、池田・佐藤政権期の内政と外交の動きをコンパクトにまとめる 新庄孝幸
惨劇の学園!――人気ミステリ作家・綾辻行人の長編本格ホラーがついに映画化 綾辻行人×古澤健
「オーストラリア」そのものを擬人化していく――その歴史の個別性と特異性を、多様な登場人物のなかに浮かび上がらせる 長岡真吾
後期ハイデガーの「転回」の哲学から逆照射しながら『存在と時間』を読み解く――種々の詩や小説からの引用を添えて親しみやすくハイデガー哲学を解説している点も魅力 本間謙二
イスラーム団体の動きに注目し、ドイツのトルコ系移民の社会的統合を描く――「文化へのリテラシー」の延長上にアイデンティティ再構築のコミュニティを構想 森明子
補足的な記事も本文に劣らず充実――江戸時代のロシア国家やピョートル大王にまつわる記事から明治・大正の翻訳まで 坂庭淳史
探偵のロジックから世界のルールへ――哲学と文学の交点を探偵小説に探る試み 安藤礼二
読者は白妙とともにさまよい、夢の謎をといてゆく――「借景の発想」から全く離れたところに立つ時代小説 森谷明子
「いのちの声」の真の在り処を見定めようとする意志が漲る――中也、富永の言葉と深く出逢い直すことができる一冊 菊井崇史
神話は相対化され、強化される――ゴードン・ミランをはじめとするイギリスの学者たちの、マラルメ研究への貢献はきわめて大きい 岡山茂
同じ異能・奇才を呼ぶ地下水脈――「侍」としてのアイデンティティを失った結果、源内が手にしたのは自由だった 小林広一
変化球のような作品世界に見る因縁、感情の発露――私小説風作品とルポルタージュ風紀行エッセイ、一筋縄では行かぬ二著 村木哲
日頃の地道で広く深い勉強が問題解決能力を育む――日本の末期的な症状に憂いを感じる人たちは本書に目を通すべき 立石弘道
現代社会の差別に指向する新たな視座を提示する優れて意義のある論集――マイノリティ研究で空洞になっていた、差異をめぐる複数の〈繋がり〉と〈争い〉 好井裕明
過ぎし日の「大人への一歩」を思い出す――少年たちの「遊び」の数々や親たちの生活へのまなざしを活写することによって、終戦期における暮らしと風景を浮き彫りにする 山井悟
時代も若かった。山谷も若かった。――一人の少女が渇き、寄り添い、同時に孕む醜悪さを嫌い、疾走した一つの人生 井出彰








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 野垂れ死に
(元木昌彦)
3位 木になった亜沙
(今村夏子)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 流浪の月
(凪良ゆう)
2位 五・一五事件
(小山俊樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約