書評/新聞記事 検索  図書新聞は、毎週土曜日書店発売、定期購読も承ります


「時代を通過する魚雷」の神話が解体されていく──近代美術館のあり方について多くのヒントを示唆 白川昌生
電力文明に立ち向かった異議申し立ての行動記録──時空間を超えて生き続ける「暗闇の思想」の原点 米田綱路
「留学」という行為そのものの政治性が改めて突き付けられる──一九三〇年代に激化する「戦争」という悲劇が留学生にもたらしたもの 松盛美紀子
『ポリテイア』を真剣な「理想国」論とする読み方の復権を提唱──我々の持つ本性に気づかせる言論の力を本書はプラトンと共有している 近藤智彦
ドイツ語圏経済学研究の流れに棹さしヴェーバーと交錯した人物を分析──経済思想史の立場から見て、主にマイナーな人々に焦点を当てた論文集 田村信一
俳句という新しい詩の創造のため、奮闘し苦悩した孤独な詩人の姿が浮かびあがる──芭蕉の世界に真摯に向き合うことを私たちにつきつけてくる力作 皆川 燈
スリリングなどんでん返しの連続技が見事に決まる多重解決物として一級品──スコットランドの暗鬱な歴史を通奏低音のように響かせて物語が紡ぎ出される 波多野 健
「時代を通過する魚雷」の神話が解体されていく──近代美術館のあり方について多くのヒントを示唆 白川昌生
フロイトに再度立ち返り、フロイトからクラインの流れが再検討される──逆転移を巧みに利用しながらの臨床的探索と、その中での新たな精神分析の理論の練り上げ 十川幸司
「雑草」の下に潜む「根茎」を独自に発掘、相互関係を明らかに──時空を超えた構成で文明と戦争による記憶の問題にいたる圧巻の大庭みな子論 大和田 茂
「始まり」の写真──紙の重さ、フィルムへのオマージュ、デジタルに対する思いも感じる『LABYRINTH』:対談 森山大道写真集刊行を機に 荒木経惟×森山大道
日韓比較政治や国際共同研究の「Address(現住所)」が表れる──日本政治学会と韓国政治学会による「日韓協力」の成果の始まりを示す論文集 浅羽祐樹
憤怒を抱きながらも、「雑草」のように、「ゆうゆうと」──戦争を憎悪し、戦争を生起させる人間をも憎悪する著者の思い 植田 隆
川の姿と共に顕在する、アーヴィングが信じつづけた物語──ひとりひとりの人間が紡ぐかけがえのない生を、いつくしむように、丁寧に、丹念に書き上げる 菊井崇史
「地下資源文明」から「地上資源文明」へ──「それは私の専門ではないので話せない」を禁句に 粥川準二
映像の裏側にある幻想──ギャングエイジ的資質をもつ阿部和重が「遠隔操作による暴力の時代」に描き出すもの 池田雄一
「ブン屋」の矜持──本田作品から立ち上がってくる無頼の匂い 青木 理
韓国文学の魅力が優れた翻訳で存分に味わえる──文学作品はその国の特性を最もよく映し出す文化媒体:韓国文学翻訳院院長から日本の読者へ 金 聖坤
怪異伝承の深奥部にかすかに息づく、災害体験に関わる恐怖の共同の記憶を追求──何よりまず、これから民俗学を学ぼうと志す若い学徒に読んでほしい一書 永池健二
戦後民主主義少年への信頼と励まし──特筆されるべき本のつくりに、読むより先に、とにかく感動する 野崎六助








リンクサイト
サイト限定連載

図書新聞出版
  最新刊
『新宿センチメンタル・ジャーニー』
『山・自然探究――紀行・エッセイ・評論集』
『【新版】クリストとジャンヌ=クロード ライフ=ワークス=プロジェクト』
書店別 週間ベストセラーズ
■東京■東京堂書店様調べ
1位 一人称単数
(村上春樹)
2位 首里の馬
(高山羽根子)
3位 本の雑誌の坪内祐三
(坪内祐三)
■新潟■萬松堂様調べ
1位 '20 ミシュランガイド新潟 特別版
2位 一人称単数
(村上春樹)
3位 気がつけば、終着駅
(佐藤愛子)

取扱い書店企業概要プライバシーポリシー利用規約